2009年02月28日

神戸から

実家から荷物が届きました。

090228kobe1.jpg
お、もうすぐ桃の節句ですものね。

そういえば、
『とよすのあられ』って、関西圏でしょうか。

こちらで見かけるのかどうか、
あまりあられを買うこともないので意識していなかったのですが。

090228kobe2.jpg
一緒にボンタンアメどっさり。

これ、実は大好物。

小学校の頃だったか。
あんまり好きなもんで、
夜中寝床に持ち込んで(もちろん内緒で)食べてたら、
喉に詰まってむせ返ったことが・・・

昔から食い意地だけは張ってたワケですね^^;

090228kobe3.jpg
箱の隅に忍ばせてあったのがこの本。

さすがは母上、
私の好みをようくご存知でいらっしゃる(笑)。

葉痕(ようこん)ワールド、楽しいなぁ。
(しかも児童向けってところが・・・Good^^;)
タグ:神戸


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | まいにちのこと>まいにちのことC

2009年02月27日

積もるだろうか

090227snow1.jpg
寒いです。3℃とか。

090227snow2.jpg
このまま降り続けたら、積もるかもしれない。。

でもこんな寒い日には嬉しいことも・・・

090227shake.jpg
私の膝の上に・・・うふ^^
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 20:38 | 東京 🌁 | Comment(6) | まいにちのこと>まいにちのことC

2009年02月26日

ぐっすり

090226shake.jpg
起きやしません。
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | シャケのこと>シャケのことD

2009年02月25日

パスタのおきて

090225dinner.jpg
夕飯はキャベツとしめじとアンチョビーのパスタ。

あり物のキャベツ、しめじと
オリーブオイルに漬け置いてあったアンチョビーフィレ残り4枚を叩いて。
味付けは塩・胡椒・にんにく醤油
にんにくと唐辛子はアクセントに。

B001R50P16NHK きょうの料理ビギナーズ 2009年 03月号 [雑誌]
日本放送出版協会 2009-02-21

by G-Tools

今日買って帰ったこの本にアイデアをいただきました。

発見して実践したのは、
・にんにく、唐辛子は火入れ前から油に入れ同時に熱する
・パスタと一緒にキャベツやしめじ(=アクの出ないもの)も茹でる

非常においしくできました。
今度はしばらくやってない手打ちパスタにも挑戦しよう。


web拍手
posted by SHU at 23:33 | 東京 🌁 | Comment(4) | 食べること・のむこと>ウチ飯@

充電日

今日はお休み、
久々の友人と待ち合わせ。

090225lunch.jpg
都心の小さなビストロでゆったりとランチ。

お互いの近況話に花が咲く咲く。

デザート、紅茶が済んだ頃、
このあとどうしよっか、と。
上野あたりの美術館?
それともミッドタウン散策?
やっぱり映画にしようか、と。

タイミングが合った新宿ピカデリーのマンマ・ミーアに滑り込み。
ミュージカルで、ABBAで、
元気が出る(しかし実際はほとんど泣きっ放し^^)映画でした。
映画館で映画なんて、妹と二人で
『ハリーポッターと秘密の部屋』に行って以来だから、
なんと6年ぶり!?

久々の映画館、
しかもミュージカル映画の大音量に銀幕の迫力。
そして今日は偶然ながらレディスデーで1,000円だったし(嬉)。
いやー映画館、いいなー。

090225tea.jpg
映画の後は茶と菓子をいただきながら、
あれこれ感想会。
(あ!やっぱり5代目ジェームス・ボンドだったよ!!)

そんなこんなであっという間に刻限が。
今度はミュージカルもいいねぇ、
次は一年後かな〜^^といいながら再会を約束。

すごくすごくリフレッシュした半日デート。
ほんとにほんとにありがとね!!



もちろん、
『水戸黄門録画しておいたからごゆっくりどうぞ』
とメールをくれたハカセにも感謝^^;


web拍手
posted by SHU at 23:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | まいにちのこと>まいにちのことC

2009年02月24日

謎の取引

ベランダの鉢に

南天の実を数粒ばら撒いておいたら、

090224plant1.jpg
代わりに素心蝋梅(ソシンロウバイ)の花が一輪置いてあった。

きっとよその山から咥えたまま通りかかって、
ウチの南天に夢中になって忘れていったのだろう。

留守中の思わぬ置き土産に嬉しくなって、
今度はたったひと房残っていたヒヨドリジョウゴの実を置いてから出掛けた。

090224plant2.jpg
帰宅したらこの通り。

『お客様』は喜んでくれたみたいだ。


web拍手
posted by SHU at 22:09 | 東京 ☔ | Comment(6) | 庭しごと>庭しごとA

きしきし白菜

090223chinese-cabbage.jpg
びっくりするほど新鮮な白菜をいただいたので

090224chinese-cabbage.jpg
ハカセが特製の即席漬けを作ってくれました。

あっさり、しゃきしゃき、
いくらでも食べられるなぁ。

もぎたての白菜って、
(キャベツなんかもそうだと思いますが)
びっくりするほどキシキシいうんです。

以前直売所のおばちゃんが畑から穫ってきてくださった白菜も、
ギシギシいって驚いた記憶が。



今日の白菜にはお客さん(ミニ芋虫)が2名様、
葉っぱを一枚船にして、
ベランダにお通ししました。
タグ:ハカセご飯


web拍手
posted by SHU at 21:48 | 東京 ☔ | Comment(2) | 食べること・のむこと>旬のもの@

2009年02月23日

柚子茶に手を加えてみる

090222yuzucha.jpg
2月1日に仕込んだ柚子茶。

果皮を生のままきび砂糖に漬け込んだだけなんだけど、
約2週間、
どうも柚子皮の渋みが少々残ってしまったような気がして
1本分に火を入れることに。
(市販品はたいがい加熱処理してあるし。。)

ついでに冷蔵保存しておいた柚子果汁もひたひた量加えて、
鍋でコトコト。

しかしこれが予想外に影響して、
かなりすっぱくなってしまった。

慌ててキャベツの花の蜂蜜ときび砂糖を
どばっ(性格出てますね・・・^^;)と加えて再度煮詰め。

昨日煮詰めてすぐは
すっぱさが残って大失敗かと思ったのだけど、
今日になってずいぶん馴染んだ感じ。

でも比べてみると火を入れない方がなぜか甘く感じる・・・(涙)。

ちなみに写真左が火入れなし、右が火入れしたジャム状態。
タグ:柚子しごと


web拍手

2009年02月22日

にゃんこの日のシャケさん

090222shake1.jpg
くつろぐシャケさん。

ぽんぽんむちむち・・・

なにか間違い探ししているような、
そんな気分。。
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 16:39 | 東京 ☀ | Comment(4) | シャケのこと>シャケのことD

にぎり飯でご飯

090222onigiri&shake1.jpg
にゃんこの日のシャケさん、忙しく立ち働きます。

細かく刻んだ聖護院大根の茎葉と
ちりめんじゃこを胡麻油で炒めたものを混ぜ込み、
にぎり飯。

中の具は
叩いた梅干しとかつぶしを醤油で和えたの。

やっぱり混ぜご飯大好き、
家で食べてもむちゃくちゃ美味しかった。



続きを読む
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 16:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食べること・のむこと>ウチ飯@

簡単柴漬け

090222shibaduke1.jpg
胡瓜と茄子のスライスを先日取り出した赤梅酢(赤紫蘇入り)に漬けただけ。

大好きな胡麻もざらざらーっと入れて、
一週間くらい経ったところです。

味見したら
ものすごくすっぱい!!!

これは一口以上無理。
少し塩抜きしてから食べるか、
塩抜きした上で何か旨みを加えるか、
ちょっと考えなければ。



続きを読む
タグ:シャケ


web拍手

ベランダ便り〜春待ちバレエ団〜

090222tsume-renge.jpg
一年ぶりに登場、ツメレンゲ。
星がキラキラ、舞台の幕が上がる・・・



続きを読む


web拍手
posted by SHU at 15:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | 庭しごと>庭しごとA

2009年02月21日

酥心糖

090221china-candy.jpg
中国遼寧省の省都、瀋陽市の名物ということで、
お土産をいただきました。

不老林の酥心糖、ミルク味。

長辺3cmぐらいある、でっかいキャンデー、
どんだけ長いこと舐めることになるかと
恐る恐る!?口に含んだら驚き、
パリッサクサクとあっという間に食べ終わりました。

帝釈天でいつも買う大好きな懐かしのお菓子にそっくり。
南蛮渡来の有平糖というものらしくて、
外がパリッとごく薄い飴の皮、中がほろほろと崩れるようなきめ細かい飴で、
味も素朴で食べやすくとっても美味しいんです!



それにしてもこの酥心糖。
不老林っていうブランド名もいかにも強そうだし(笑)、
おじちゃんの写真は誇らしげだし(しかも小袋全部に顔・・・^^)、
飴の表面にまで『不老林』。
大袋の表面に期限ぽい日付印字があり、
とっくに期限過ぎてるし!?と思ったら、製造年月日。
中国は基本的に製造年月日を印字し、
賞味期限は1ヵ年とかいうふうに表示されるみたいです。
日本の賞味期限のみの表示より、
製造年月日が分かった方が消費者に便利なような気がする、今日このごろ。



どちらにしろ
ついついパクッと行ってしまう美味菓子、
ご馳走様でございました。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | 食べること・のむこと>いただきもの

2009年02月20日

図書館のある暮らし

414040230X種子(タネ)たちの知恵―身近な植物に発見!
多田 多恵子
日本放送出版協会 2008-05

by G-Tools

素晴らしい本です!!!

ひょいひょいと歩くことができない植物が、
少しでも多くの子孫を残し、
その分布を広めるための精巧なるタネの知恵。

風や水に乗り遠くに旅する、
自らバチン!と飛び跳ねる、
あるいは
鳥や動物に甘い実を食べさせて硬い表皮を消化させる、
(しかもその間にタネは動物と共に移動する!)
またはひっつきむしになって動物や人間に種の運び屋になってもらう。
などなど。

驚きだったのがオーストラリア原産のブラシノキ。
あの真っ赤な瓶洗いブラシみたいな花が咲くヤツ。
あのタネはなんと火事で焼けないとその硬い皮が破れないのだとか。
先日の大規模な山火事、
ブラシノキはその焼け跡でしたたかにも次の世代へのバトンタッチをしていた、
ということになる。

植物って、すごい。
文章もブログを読むような気軽な感じで、
どんどん読み進められたし、
ほんとうに素晴らしい本でした。
またあちこちの草木を見る楽しみが増えた。

個人的には
ケンポナシ(玄圃梨、別名:ジャパニーズレーズンツリー)の実をぜひとも見つけて、
ジャムやケーキの具や果実酒に使ってみたい!!


4469231908アジアの暦 (あじあブックス)
岡田 芳朗
大修館書店 2002-12

by G-Tools

こちらも興味深い本でした。

先日旧暦本を読んでからというものの、
そのへんの話が面白くて仕方がなく。

『世界中どこでも「何月何日何曜日」は同じだと思っていませんか。
三十二日目があるネパールの暦、
三日の次が五日になるインドの暦など
バラエティに富んだアジアの暦を紹介。

「暦の仕組み」「中国の暦」「東アジアの暦」「イスラムの暦」「南アジア・東南アジアの暦」
の章に分けてアジア各国の暦を紹介。
「二十四節気と七十二候」「九九消寒図」「ラマダン」など
興味深いトピックスも多数掲載する。』


という内容紹介文に惹かれて読んでみましたが、
かなり踏み込んだ内容で、
完全理解はできなかったものの、
とても勉強になりました。

太陽暦、太陰太陽暦などの考え方、(ほとんど天文学的世界)
二十四節気、七十二候の説明。
中国と台湾暦あたりは難しくてほとんどざっと見だったけど、
ベトナム、インド、タイ、ネパール、インドネシアあたりの暦は
面白かった。
(ベトナムの十二支はウサギの変わりにネコ!!あー、ベトナムの日めくり欲しい!!)

近代社会はグレゴリオ暦が共通言語みたいになっているけど、
昔はそれぞれの地域、国によって時間の流れ方が違ったんだなぁと。

あと日本でも江戸時代なんかは
日の出と日の入りの時間を等分して、
『明け六つ』とか『暮れ六つ』とか言っていたらしいから、
日々時刻の間隔は変わるわけで。
そう考えると、
昔の人は太陽や月の位置で時刻を感じていたのかな、とか
寺の鐘を撞くのには非常に大事な意味があったのか、とか
今更ながら思い知ったのでした。

これから時代物読んだり観たりするときには
今までとはちょっと違う見方ができそう。
あー面白いなぁ。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2009年02月19日

あれ?我が家にもふきのとう

090219hukinotou.jpg
昨日直売所で分けてもらったふきのとうの中に、
根っこが少し残っているものがあったので挿したのでした。

花、咲きそうですね?(嬉)

090219moss.jpg
ついでに葉の間に挟まっていた苔も移植・・・

うまく付いてくれるかな。


web拍手
posted by SHU at 22:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | 庭しごと>庭しごとA

感激甘酒

090219amazake.jpg
近所の商店で伏見の酒粕を売っている。

今日は特売日ということで、
その粕を使った甘酒が店頭でふるまわれていたのだけど、
試飲させてもらったら、あまりのおいしさにびっくり。

甘酒がこんなにおいしいなんて!!!
生姜が入らない、砂糖と隠し味の塩だけの素直な味。

聞くと、
京都伏見の富翁という酒の粕とのこと。

さっそく買って帰って
鍋でぷくぷく沸かしてみました。

粕:きび砂糖=1:1、隠し味に塩微量、
適当に水を加えてトロリと溶かし込む。

今まで酒粕で甘酒を作ったことはなかったのだけど、
いやー甘露甘露。
なんで今までやらなかったんだろうともったいないぐらい。
(いやこれ、酒粕がウマいんだろうな。)
麹で温度をキープして作るより断然簡単だし、
こうなるとなんだか冬が終わるのが残念とさえ思ってしまう。


web拍手
posted by SHU at 22:28 | 東京 ☁ | Comment(6) | 食べること・のむこと>一寸一杯

バッケ味噌

090219bakke-miso.jpg
バッケ(ふきのとう)味噌を作りました。

『リトル・フォレスト』で読んでから
ずっと作ってみたかったのです。

調味はテキトウにアレンジ。

昨日直売所で分けてもらったふきのとうを
さっと茹でて細かく刻み、
胡麻油で炒めたところに昨日の特製味噌。
味見して、醤油を少々、甘酒を少々加えて練り上げて完成。



昨日の生あさつき、
今日はちゃんと茹でて(1分ほど)、
このバッケ味噌つけて食べたらサイコーだった。
もちろんご飯にもバッケ味噌!!




406337551Xリトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
五十嵐 大介
講談社 2004-08-23

by G-Tools


web拍手

2009年02月18日

たっぷり旬の野菜天ぷら

090218dinner1.jpg
先ほど直売所で買ってきた野菜や、
近所の青果店の兄さんおすすめ野菜で旬野菜たっぷりの夕食。

天ぷらは採れたての
・うるい
・ふきのとう
・山芋
それからこれはあり合わせ、
・茄子、蓮根、しめじとインゲンのかきあげ、海老。

うるいとふきのとうの苦味。
ハカセと二人、『苦い!!旨い!!春だな〜!!!』と噛み締める。
山芋はポテトフライみたいにほくほくで最高。

あさつきは
特製味噌(多摩味噌(甘め)に醤油+七味+和山椒+刻み青ネギ)で。
(生で食べたらエライ辛かった!!!少し茹でるべきだった。)

090218dinner2.jpg
赤カブで即席漬け。



旬のご飯はほんとうに、しみじみおいしいなぁ。


web拍手
posted by SHU at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(2) | 食べること・のむこと>旬のもの@

二十四節気-雨水-

090218ume.jpg
仕事帰りに久々のお気に入り直売所へ。
梅が満開でした。

今日から『雨水(うすい)』

暦便覧によると

〜陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり〜

雨水、って聞くと梅雨の季節をイメージしてしまうんですが、
『雪が雨に変わる季節』を表す言葉ということで、
この節気なんですね。



さて。
今日も直売所のおばちゃんがいなくて、(←最近はほとんど無人販売状態。)
ご挨拶ができなかったのが残念だったのですが、
以前と同じく梅林に車を置かせていただいて
目の前の畦道をしばらく散歩しました。

090218field1.jpg
いつ来ても大好きな場所。(しつこいようですが、これでも東京都下)

090218field2.jpg
あー、イイ。

090218field3.jpg
白鷺が飛んでるのが見えますか?

090218field4.jpg
気持ちいいなぁ。

090218field5.jpg
あっ、タンポポ!

090218field6.jpg
奥の方はちょっとした湿地になっていて、葦がびっしり。

090218field7.jpg
水辺に近づいてみると・・・

090218field8.jpg
スギナが!?

つくしの後に出るものだとばかり思っていたのですが・・・

あぁ、土筆の季節が待ち遠しい〜〜!!!

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は啓蟄(けいちつ)。
今年の啓蟄は3月5日です。
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気@

2009年02月17日

ベランダ便り〜クリロが仲間入り〜

090217christmas-rose1.jpg
横浜のハカセ実家から、クリスマスローズを株分けしていただきました。

090217christmas-rose2.jpg
種類などは分からないのですが、
ちょっと渋めの色合いで嬉しいです。

090217camellia.jpg
茶椿の蕾。

090217clematis-int-roguchi.jpg
クレマチス・タコチューこと篭口。

クレマチスって色々系統があって、
これは『インテグリフォリア系』なんですが。

この『インテグリフォリア』ってのがなかなか覚えられなくて、
よく
インフォグリフォリ・・・
とか
インテグリグリ・・・あれ?
とか
おかしなことをつぶやいています。
タグ:篭口 茶椿


web拍手
posted by SHU at 23:49 | 東京 ☁ | Comment(2) | 庭しごと>庭しごとA