2010年12月31日

大晦日のご挨拶

101231shake1.jpg
毎朝の日課、きょうも洗面所で身だしなみの順番待ちをするシャケさん。
(↑写真なんか撮ってんじゃねーよぃ、のお顔)

101231kagami-mochi.jpg
今年は初めての鏡餅づくりに挑戦、昨夜お供えしました。
毎年楽しみにしているレトロなカレンダーも準備完了。



今年はお散歩の愉しみにハマりました。(→きょうも昼間に)
近場に雑木林や散策道、里山や直売農家があることを発見し、
ヒマを見つけてはほっつき歩くのがすっかり趣味に。

数年前までは30分で脚が痺れるヘルニア持ちだったのが嘘のよう、
4kmは余裕、多いときは10km歩くこともへっちゃらに。



仕込みごとは引き続き色々と。
100817miso07.jpg100808pickled-ume-b2.jpg100801anchovy4.jpg
味噌梅干しアンチョビーは定番になりそう。

101006vege-with-miso.jpg100801pickled-shimauri1.jpg101003salmon-roe0.jpg100301beans1.jpg
野菜の味噌漬け奈良漬いくら漬け豆料理も楽しみ

101021apple-jelly2.jpg101110suikato1.jpg101107chinese-quince01.jpg100613ume-extract-c2.jpg
紅玉のジュレすいか糖花梨シロップ梅肉エキスは初めての挑戦でした。

中でも梅肉エキスはとっても重宝していて、
これは毎年ぜひ仕込みたいものに。



素朴な食事が心からおいしいと思うようになり、
それにつれて、より畑や里山に興味を持つようになりました。

100505kashiwa-mochi.jpg100604tomato.jpg100816miura16.jpg100910vegetables1.jpg
101026persimmon1.jpg101123miura3.jpg101219walk24.jpg
5月:山の山帰来の葉で柏餅づくり
5月:農家さんから直接譲ってもらった黒川トマト
8月:三浦半島の高梨農場さんの圃場にお邪魔させていただく
7月8月9月10月キシさんちの野菜を堪能
10月:禅寺丸柿を知る直売所で購入
11月:ムギマキのお手伝い
その他:お散歩途中のお買い物あれこれ

101120ryukyu-suzumeuri.jpg100630getto.jpg100107massangeana1.jpg101120native-bacterium2.jpg
ベランダの喜びは
リュウキュウスズメウリの成長、開花。残念ながら実は結ばず。
月桃は花穂を4つつけたものの、実は3つのみ。
幸福の木に花と実。実は黒く萎んでしまったけれど、本体は枯れず元気。
はんぺんを見つけたのでテキトー堆肥づくり。



今年は写真を褒ていただく機会が幾度か(嬉)。
なのに愛機GX200はここのところ絶不調でピントも甘く、
色調も不安定ときたもんだ。(←カメラのせいにする不届きモノ)

毎日、ほとんど肌身離さず一緒のGX。
来年こそはちゃんと修理に出して調整してあげたいものです。


さて。今年の記事は550、
携帯のスピーカーは相変わらず1年前から壊れたままです。


というわけで、
こんな覚書きのような私のブログですが、
今年もたくさんの方にご訪問いただき、本当にありがとうございました。

最後に
101231shake2.jpg
藁にわらわらのシャケさんからもご挨拶。

101231shake3.jpg
どうぞ心穏やかな新年をお迎えくださいませ。

来年もよろしくお願い申し上げます。


タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 18:30 | 東京 ☁ | Comment(6) | まいにちのこと>まいにちのことD

てくてく青空の大晦日を歩く

101231walk01.jpg
大荒れの予報に反して青空の大晦日、
辛抱堪らず今年最後のお散歩に出かけました。


続きを読む
タグ:お散歩


web拍手
posted by SHU at 17:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>草根木皮・愛でること@

2010年12月30日

御馳走に備えて〜玄米粥〜

101230brown-rice-porridge.jpg
今日が仕事納めでした。

決して激務ではないけれど、やはり年末仕事は疲れるようで体は正直、
日々リペアしているはずの手肌もバリバリに乾燥して硬くなり、
特に右手の方は、切れたり赤くなったりして痛いし痒いしひどいもんです。

その上昨日から唇の内側を思いっ切り噛んでウギャと叫ぶのが3度(←同じ場所!!)。
大体これは疲れきっているときにやるので、
ある意味体調のバロメーターにもなっているのですが。。

さて、年越し正月はおそらく連日御馳走をタカるいただく予定なので、
きょうは体と胃腸の疲れを癒すのも兼ねて土鍋でコトコト玄米粥。

お供もちょこちょこ用意していたら結構な数になりました。

・山東菜の塩漬け(→山東菜はこんな野菜
今年の梅干し
・ザーサイ
・辣腐乳(豆腐を塩漬けして発酵させたもの、辣=唐辛子入り)
・青島皮蛋
・赤カブ漬け(→定番レシピ
・金胡麻

本日は房総・長狭の棚田玄米を1.5合+水6合。
ちゃんと粥を炊くのって実は初めてで、
最初は水、多すぎなんじゃないのと思ったけど、炊き上がったらむしろ少ないぐらいだった。
そして盛大なおこげも作ってしまった・・・。

でも玄米って、やっぱりぷちぷちとした食感がいいし、
食べてるっていう感じがするから大好きです。

ハカセも喜んで食べてくれたし、
これからもまた作ろう。


web拍手
posted by SHU at 23:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | 食べること・のむこと>ウチ飯A

2010年12月29日

いか人参

101229dish.jpg
作ってみました、いか人参。

福島ではコンビニでも売っているほどポピュラーな惣菜!!
と聞いてから、ずっと気になっていたのでした。

で、このたびヒゲクマさんのこの記事の中の、ここを参考に。
(さらに、正統派の食べ方をコメント欄にいただきました。ぜひご覧ください。)

ぷりぷりに戻ったスルメの旨みと
パリパリした人参の歯ごたえ。
漬け液は甘めのタレ風の味わいで、あーこりゃ旨いや〜!!




今回の材料MEMO
・人参:中1本(200g)
・するめ:60g(北海道産・天日干し・大サイズ2枚分(下足以外の部分))
・酒:20ml
・醤油:30ml(キッコーゴ丸大豆醤油)
・白ザラメ:30g
・金胡麻:適量

人参とするめは長さ5cm、3mm角程度にカット。
煮切った酒に醤油とザラメを加え溶かしておく。
すべての材料を和え、重しをかけ一晩置いて完成。
(あるいはビニル袋にぴっちり詰める)
冷蔵庫でしばらくおくと更に味が馴染んでおいしくなるとのこと。

今回は人参の量に合わせて、
参考レシピ(5人分)の倍量で仕込んでみたのだけど
出来上がりは両手を器にした程度、と意外とこぢんまりとしたボリューム。
日持ちもするし、もっとたくさん作っても良さそう。



* * * * * * * * * * *

12月31日追記:するめについて
101231dried-cuttlefish1.jpg
近所の乾物店でするめを2種、求めました。

茶色い方がいわゆる王道のするめ。(今回使ったもの)
北海道産・天日干し・大サイズ。一枚単位で量り売り。

白い方がタイ産のするめ。
とっても柔らかくて、これはこれで人気なのだそう。
こちらはヒモで縛ってあって、ひと束売り。

101231dried-cuttlefish2.jpg
今の今までヒモだと思っていたら、下足だった!


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | 台所しごと>保存食づくりのこと>常備菜

99568

101229counter.jpg
元旦に10万HITしそう。


タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 00:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | 綴りごと>ひとりごと@

2010年12月28日

麹のレシピ

定期的に通っている図書館。

最近は新本補充の曜日に合わせて行くようにしています。
秋頃にたまたまその日に行き合わせ、その充実ぶりに感激してしまって以来。

なぜかですねぇ、
必ず好みの本が数冊入ってるんです。
で、
トンビがあぶらげ掻っ攫うみたいにぴぴぴっと借りてくのです。



というわけで今回のぴぴぴ本はコレ。

麹のレシピ―からだに「いいこと」たくさん
超・オススメです。

筆者もイチオシの『塩麹』。
味噌、醤油にも匹敵するのでは、と期待の仕込み調味料なのです。
これ、私も以前から気になっていたのですが、
塩と水と麹だけで作る万能選手!

市販の乾燥麹でもいいのだけど、
せっかくだからもやし屋さんで生麹を仕入れて仕込みたい!

と思って、実は未挑戦。(早く仕込みたくてうずうず。)

他にも麹を使ったさまざまなレシピが盛りだくさん。
麹自体を混ぜ込んだ調味料や塩麹を使った料理、
甘酒やおやつなども。

麹を沸かして作る甘酒なんかも、
江戸時代は夏の滋養ドリンクとして親しまれていたらしいし、
“もやし”の世界は果てしなく広がる・・・。

装丁やイラストも完全に“私好み”で、
全巻にわたって楽しめる内容でございました。
これはきっと買いたいなぁ!



そうそう、著者おのみささんのブログもあります。(→糀料理研究室[糀園]
仕込みごと大好き人間にとってはまるで楽園!


web拍手
posted by SHU at 21:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本A

2010年12月27日

きょう、このひ

101227sunrise.jpg
美しい夜明けで始まり



きょうも頑張って働きました。
そして今年も“また”二人揃ってひとつずつ、歳を重ねました。
(と言っても吉田類の酒場放浪記見ながら雑煮をすすって済ますスルーぶり。)

この一年、恙無く過ごせたことに感謝して。



もうすぐ一日が終わる。


web拍手
posted by SHU at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(2) | まいにちのこと>まいにちのことD

2010年12月26日

島のカンモでイエローカレー

101226yellow-curry.jpg
青ヶ島のベニアズマ(紅東)で、さっそくタイのイエローカレー。

鶏肉がなかったので豚肉で作ってみました。
ベニアズマ、30分ほど煮込んだのに全然崩れず、
しかもねっとりとして甘くておいしい〜。
イエローカレーにぴったりです。

付け合わせは人参のアジア風和え物。
さっと湯掻いた千切り人参に、
・ドライベリー(リンゴンベリー+ワイルドブルーベリー)
・バイマックルー(タイのこぶみかんの葉)のみじん切り
・ココナッツロング
自家製アンチョビーを叩いたもの
(要するにあり合わせ)を加え、味付けはナンプラーで。

我ながら良い組み合わせ、
おかげさまで今日もおいしい食卓になりました。


web拍手
posted by SHU at 20:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食べること・のむこと>ウチ飯A

青ヶ島の旨いもん

101226aogashima.jpg
青ヶ島のおいしいものをいただきました!

東京都・青ヶ島村。
人口約200名、有人島としては伊豆諸島最南端の絶海の孤島。

島を代表する農産物、さつま芋を3種いただきました。

・紅東(ベニアズマ)
・アメリカ芋
・人参芋

中でも白っぽくて細長い『にんじんカンモ』と呼ばれる芋は、
蒸かすと中がきれいなオレンジ色になるそうで、
島の人たちがおやつに好んで食べるそうです。

貴重な芋焼酎『あおちゅう(青酎)』は、
麦麹で仕込むのが特徴。(九州の“芋”は米麹で仕込む)

ラスクは新商品だとか。



食いしん坊夫婦にはたまらなく贅沢な品々です。
前回もひんぎゃの塩などおいしいものをいただいたのだけど、
今回もやはり旨いもの尽くし。

鳴呼、クリスマスと誕生日(明日)と正月が一緒に来たようだ〜。
ありがたく、おいしく、いただきます♪


web拍手
posted by SHU at 19:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食べること・のむこと>いただきもの

2010年12月25日

サンタが来ました我が家にも。

プレゼントは
101225shake1.jpg
うふ。箱から溢れんばかりのシャケさんギフトBOX。



あ、でもこれは毎日か。
なんて幸せな毎日なんだ〜。(←日々親バカ)



みなさんどんなクリスマスをお過ごしになりましたか。
我が家はイヴ共々至って地味にスルー。
あでも、昨日は豪華うどんすき食べたな♪
今日は残り汁でおこわを炊きました。やっぱり地味か・・・

昼間、神戸の実家にうどんすきのお礼の電話をしたら、
ちょうど雪降ってきたわーと。
今日の東京は文句なしの晴天、
とても寒かったけれど、雪が降るほどではありませんでした。
そうだ今日は意外なところで公共の電波にちょい乗り。
明日こそ雪に違いない・・・



101225shake2.jpg
あふれる〜♪
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 21:40 | 東京 ☀ | Comment(3) | シャケのこと>シャケのことF

2010年12月24日

イヴ2010

101224sky.jpg
とっぷりと日が暮れるまで残業した後は・・・

101224udon-suki1.jpg
届いたばかりの

101224udon-suki2.jpg
にょほー♪

101224udon-suki3.jpg
うどんすきで夕食!やっぱおダシは関西やわぁ〜♪

101224rice-cake.jpg←撮影:ハカセ
食後は鏡餅づくりに精を出しました。



オマケ)
101224shake.jpg
隙間に見える黒い影・・・
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 23:30 | 東京 ☀ | Comment(2) | 食べること・のむこと>いただきもの

請け負い干し柿・完成

101224dried-persimmon2.jpg
いい感じで粉も吹いてきたので、タイミング的にクリスマスプレゼント〜、と
言いながら依頼人にお渡し。

全部渡しちゃったから、味は分からないけど、
めっぽう喜んでくださったようなのでサンタさんとしてはヨシとするか。

以上、請け負い干し柿、無事完了!



詳細は『自家製干し柿2010・干し柿請け負い人』に追記。


web拍手

2010年12月23日

今日のシャケさん

101223shake1.jpg
朝はお決まりの監視業務。



101223shake2.jpg
平和な昼下がり。



オマケ)
101223shake3.jpg
まんじゅうみたいでかわいいな。
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 19:56 | 東京 ☀ | Comment(2) | シャケのこと>シャケのことF

2010年12月22日

冬至の食卓〜かぼちゃ・柚子・大浦ごぼう〜

101222pumpkin.jpg
昨年に引き続いてカボチャのとりそぼろ煮。

小豆と合わせていとこ煮もやってみたいのだけど(むくみに大変良いらしい)、
ついつい食べ慣れた組み合わせにしてしまいます。


さて、今年はさらにこんな盛り合わせも。
101222plate.jpg
・根生姜の漬け物(京都・村上重)
・小茄子のからし漬け(京都・村上重)
◎赤カブ漬け(赤カブ:房総産→定番レシピ
◎大浦ごぼうの梅煮(ごぼう:房総産)
◎しまうりの奈良漬(しまうり:長野産→レシピ
◎柚子とりんごの砂糖漬け(りんご:長野産・本柚子:あきる野産→定番レシピ
・いか明太(博多・やまや)
◎は自家製、それ以外はいただきもの。



* * * * * * * * * * *

大浦ごぼう、食べてみました。
皮をたわしでよく洗って5cmぐらいに輪切り、
自家製梅干し2個と一緒に密封蒸しすること丸3日。
梅干し風味の名残りはあるものの、
その甘みにびっくり。

ごぼうに含まれるタウリンと、
梅干しのクエン酸が反応して甘みに変わる、
というのは
タイミングよく昨日マクロビ筋から聞いた話。

以前やった王道の作り方でもおいしかったけれど、
今回の蒸し煮でもうまく行ったと思う。



101216burdock1.jpg
これは数日前、梅干しなしでそのまま密封蒸ししたもの。

101216burdock2.jpg
ごぼうとは思えないほどほくほく、
箸で食べられるトンカツごぼう。

梅干し入りよりもむしろ、こっちの方が酸味を感じたかも。
味は少々野趣味ある栗の渋皮煮、のような。
どちらにせよ、菓子系に持っていけそうな甘み。


web拍手
posted by SHU at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(2) | 食べること・のむこと>旬のもの@

二十四節気-冬至-

101222sky.jpg
新生姜みたいな雲が広がる、
今日は『冬至』

暦便覧によると

〜日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也〜

一年で一番陽が短い日。
一年で一番影が長い日。

じぐざぐな気温、季節はずれの大雨、生ぬるい嵐。
シャケもふしたらごく控えめな静電気。
咲くはずもない梅の花、たんぽぽ、ヒメオドリコソウがちらほら。

冬至としてはここ50年間で3番目の暖かさとのこと。
ということはこれより暖かかった冬至が過去にあったということか。
徒に季節を憂うのはよしとして、
明日から春に向けての明るい気持ちで行こうと思う。

さて冬至と言えば。

今年もカボチャの煮物と柚子湯。
柚子は房総の獅子柚子だー。



オマケ)
101222ryukyu-suzumeuri.jpg
ベランダのリュウキュウスズメウリ。
ミニバラのマトビさんに巻き付いてまだ咲きます。しかし実らない・・・(涙)。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は小寒(しょうかん)、
次の小寒は来年1月6日です。

(12月7日)大雪→冬至→小寒(1月6日)

2009年の冬至(12月22日)
2008年の冬至(12月21日)


web拍手
posted by SHU at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気@

2010年12月21日

季節はどこに

101221way1.jpg

101221way2.jpg

101221way3.jpg

101221way4.jpg
すべて今日の、同じ場所の、写真。
タグ:緑道


web拍手
posted by SHU at 18:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | 綴りごと>草根木皮・愛でること@

2010年12月20日

八重ドクダミ+びわの葉で乾燥対策化粧水

101219lotion.jpg
2月にハンガリーウォーターを使った後は、
いただきもののドクダミティンクチャーを原液でそのまま化粧水にしていました。
これ、原液で持っていると切り傷や虫刺されなどにも重宝するんですよね。

ところが冬になって急に手指がバリバリに乾燥してきたので、
グリセリンと手荒れ対策ハーブを配合した化粧水専用液にシフト。

配合比はいつもと同じ、
ハーブティンクチャー20g・精製水80g。
オプションで保湿目的のグリセリン3g。

今回のティンクチャーは
・ベランダ育ちの純粋自家製八重ドクダミティンクチャー:15g
・いただきもののびわの葉ティンクチャー:5g

ほんとは手荒れ対策ということで、さらに
柚子の種ティンクチャーとスギナティンクチャーも入れたかったんだけど、
瓶の蓋、開かないしーーー。。

しばらくはコレでしのいでみようと思います。


web拍手
posted by SHU at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | つくること>ハーブでスキンケアのこと

2010年12月19日

本日の夕食

101219dinner.jpg
・ほうれん草とモッツァレラのオムレツ
・じゃがいものロースト
・バゲット、柚子とクリームチーズのパン、干し柿ジャムとバターのパン
写真にはないけれど、
・ハカセ特製、丸ごと蒸し雛鳥の濃厚スープ

じゃがいものロースト、
リコッタチーズのデザートに続いてまたまたruggineさんの垂涎ものレシピから。

これは文句なしの大成功!
外カリカリ、中ほっくり、じゃがいも4つ使って二人で全部食べました!
あ、じゃがいもはキシさんちの男爵!芋からしておいしいのです。

酢で湯掻くのがミソだそうですよ、ホントに美味しく出来ました。
感激です。これは定番したいレシピだなぁ。
ご覧のみなさんにもぜひおすすめいたします。


web拍手
posted by SHU at 23:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | 食べること・のむこと>ウチ飯A

てくてく買い物がてらの冬晴れの道

101219walk01.jpg
気持ちいいお天気の休日でした。
卵や青菜がなかったので、お散歩がてら買い物にてくてく。


続きを読む
タグ:お散歩


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | 綴りごと>草根木皮・愛でること@

金柑のシロップ煮

101219kumquat-in-syrup.jpg
房総の金柑でシロップ煮。

・金柑:27粒・325g・250円・道の駅とみやま
・白ざらめ:162.5g(50%)

茹でこぼし2回、ひたひたの水で沸騰後砂糖を半量ずつ加えて煮詰める。

茹でこぼした後に種を取り出すために
最初に縦に4箇所切り目を入れておいたのだけど、
竹串で1,2個やって面倒くさくなってやめた。

食べるときに出すさ。


web拍手