2014年02月28日

春のおさらい

140228books.jpg
明日から弥生。 草木の芽吹きそれに啓蟄も間近ですなぁ。 うふふ。





アリたちとの大冒険: 愛しのスーパーアリを追い求めて ナチュラリスト・田淵行男の世界 つくる、たべる、昔野菜 (とんぼの本) 身近な薬草活用手帖: 100種類の見分け方・採取法・利用法 




web拍手
posted by SHU at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | 充電すること>本A

2014年02月27日

アップでもう一度

140226walk07.jpg
カイツブリのかわいさったら、もう。


海老反りして憤死しそうなほど(笑)、萌えまくりでした。





きのうの石神井公園にて。


web拍手

2014年02月26日

のりてくスバらしきバス〜荻窪から石神井公園、牧野庭園から吉祥寺まで〜

140226walk01.jpg
『おもろい夫婦』を読んで以来注目している詩人平田俊子さんの新著、『スバらしきバス』
読んでから、バスがずいぶん好きになりました。

子どものころはひとりでバスやタクシーに乗るのが怖くって。
レールの上を走る電車に比べて、
バスやタクシーは道路がある限り、どこへ連れて行かれるか分からない。
今考えるとまったく他愛もない妄想なんですが、
疑り深い私は、そう思って長い間バスを避けてきたのでした。

あれから幾歳月。
バスタクシーはもとより、飛行機での海外ひとり旅もできるまでになったわけですが
身近な小冒険へ誘ってくれるバスという存在が
また違った世界を広げてくれたような気がします。



というワケで、本日は最高の散歩日和、
お気に入りになったバスに乗って、
いつもよりちょっと足を伸ばして出掛けてきましたよ。



続きを読む


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(6) | まいにちのこと>まいにちのことF

2014年02月25日

シャケユキヒョウU

140223snowleopard.jpg
生息地は一年を通してヒマラヤ山脈に代表される厳寒高山地帯です。

ユキヒョウ(雪豹・ネコ科ユキヒョウ属・英名:snowleopard)@多摩動物公園





140225shake.jpg
夏場はひんやり平原へ移動します。

シャケ(鮭・ネコ科ネコ属・英名:shake)@東京都






respect for・・・・・
ネコライオン

シャケユキヒョウ(2014年2月24日)
てくてくタマズーで日暮れまで(2014年2月23日)


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月24日

シャケユキヒョウ

シャケユキヒョウ.jpg








respect for・・・・・
ネコライオン


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月23日

てくてくタマズーで日暮れまで

シロテテナガザルのテテ君でーす
散歩の最初にほんのちょっと寄り道。

・・・のつもりが。

林縁を辿るアジアゾーンでは、ついつい樹皮や柵に冬の虫を探し求め、
樹間に飛び交うルリビタキやエナガに目がハート。
オーストラリアゾーンではオーストラリアガマグチヨタカとフクロモモンガに悶絶。
それからウォークイン・バードゲージとカモ池。
我が物顔でゲージの内外を行き来するスズメやムクドリ、カワラヒワの豪胆さ。
そうか普段の散歩でスズメが少ない思ったらこういうことだったのか・・・?
カラスはトラのごはんを横取りしてたな・・・。 (それにしても園内はハシブトガラスが多め。)
最後に寄った昆虫館では夕陽に透けて虹色に輝くオオゴマダラに感動。



あっという間に時間切れでした。



恐るべし、タマズー・・・・・また来てみよう。



10時半出発、7h弱、正味8km。900枚撮影。
雲間の晴れ。
2にゃんこ。
スズメ、ハト(キジ、ド)、カラス(ボソ、ブト)、ヒヨ、ムク、シジュウカラ、
メジロ、エナガ、ヤマガラ、ジョウビタキ♀、ルリビタキ♀、コゲラ、アオゲラ、
セキレイ、カモ類(カルガモ、オナガ)、アオサギ。




オマケ)もちろん
140223cat1.jpg
ご近所伺いも

140223cat2.jpg
忘れませぬ(嬉)。


web拍手

2014年02月22日

にゃんこの日にまつわるなんやかや

気に入りのひざ掛けの上でコロンボ。いいねー
にゃん、にゃん、にゃん、のにゃんこの日のシャケの丞でございます(嬉)。

いいのよ、ええいいのよ、
たとえ私ではなく私のひざ掛けが目当てでも。



シャケの丞と言えば玉之丞。


映画猫侍もついに来月封切りだし、
イケメンつながりで行くと
GWにはテルマエロマエUが公開ですなァ。



土曜の夜の寅さんを観る横で、
ぐーすかぴー
やっぱりひざ掛け占領中のシャケさんなのであった。





フハッ! くるさんが猫娘になっとるー(笑)。
タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 22:22 | 東京 ☀ | Comment(2) | シャケのこと>シャケのことH

我が家のきのこ村・その後

140222shiitake1.jpg
うぇ〜い、どど〜ん、第3弾♪ (←喜びの舞いを踊り中)

前回の第2弾をひとしきり楽しんだ後、
また菌床ごと半日ほどどっぷりと浸水させました。

その後数日・・・

ふたたびじゃんじゃん出てきましたよん♪

140222shiitake2.jpg
一度出始めるとあっという間に成長するんですよ〜この子たち。
大きめのものから収穫してもまだ予備軍が次々と・・・(嬉)。




にょほほ・・・笑いが止まらん^^



web拍手
posted by SHU at 18:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>お気に入りのこと

2014年02月21日

放心

・・・・・
シャケさん・・・・・。





タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月20日

ちょっと立った隙に

140220shake.jpg
ひざ掛け返して〜。





タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月19日

二十四節気-雨水-

140216japanese-allspice.jpg
残雪と青空に映える、蝋梅のレモンイエロー。



今日から『雨水(うすい)』

暦便覧によると
〜陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり〜



立春を迎えてから記録的な大雪が降りました。

立春の日(2月4日)にはにわかボタン雪、
2月8日には細かいパウダースノーが降りしきってこんもりと積もり、
バレンタインデーには湿った雪が絡み付くように降って膝上まで積もりました。

気温は最高10〜5℃、最低氷点下前後を推移しています。

梅は白梅が1分咲き程度。
蝋梅や水仙はどんどん咲いていて、
マンサクや河津桜の蕾はだいぶ膨らんできました。

140218dusky-thrush1.jpg
やっとツグミが

140218dusky-thrush2.jpg
多くなってきたようです(嬉)。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は啓蟄(けいちつ)。
次の啓蟄は3月6日です。

(2月4日)立春→雨水→啓蟄(3月6日)

2013年の雨水(2月18日)
2012年の雨水(2月19日)
2011年の雨水(2月19日)
2010年の雨水(2月19日)
2009年の雨水(2月18日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 20:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

手前味噌を仕込む2014・初めての黒豆味噌〜黒豆500g・生米麹500g・塩240g〜

140219miso1.jpg
実家の母からの依頼により、黒豆味噌を仕込みました。

材料としては、上の写真の通りシンプルです。
工程もいつも通りで、
豆を戻し、煮て、潰し、煮汁で調整した塩切り麹と混ぜて詰めるだけ。
塩切り麹とは、その名の通り麹と塩をまんべんなく混ぜたものです。

麹は先日の欲張り散歩の際、
国分寺で見つけた岩手産生麹。

塩はいつものシママースを混ぜ込み用と塩蓋用に取り分けておきます。
塩切り麹用に掬い出した煮汁は、黒豆だけに真っ黒。

140219miso2.jpg
今回はいつもの4分の1量だったので、とっても楽チンでした。
豆も潰したらすぐにいい塩梅に冷めるし!

140219miso3.jpg
塩切り麹に潰し豆を混ぜたところ。

〜ここで私の麹起こしについて〜

米麹自体も手づくりする方法はあるようですが、
私は今までのところ市販のものを使っています。

麹は生でも乾燥でも考え方は同じで、
40〜50℃の環境で起こしてあげるようにしています。
煮汁も、潰し大豆も、それぐらいの温度にしてから混ぜ込むと
麹が無理なく“起きる”ような気がするのです。

豆がそろそろ煮えそうというタイミングで、
麹の袋を開け、ボウルにほぐして手で軽く揉みつつ、
まずは素手の温かみで起こします。
さらに塩を混ぜ込んで全身に行き渡るようにし、(←もう麹様マッサージの気分)
温かめの煮汁を加えたらいよいよ起床の時間。
混ぜ込みながらおーい、起きろ、と心の中で言っています(笑)。
ひと握りをぎゅっと握って、手を開くとハラリ・・・と
くずれるぐらいの固さを目安に煮汁を加えています。

まぁ、麹菌の最適活性温度や死滅温度については諸説あり、
ここに書いた内容は、現時点での私個人が掴み得たコツのようなものですが。。

140219miso4.jpg
さて。大好きな味噌玉を作って、今回はあり合わせのタッパに詰めます。

140219miso5.jpg
ひじき餅のようだ。(←そんなんあるのか?)

140219miso6.jpg
塩蓋(表面に塩を振ること)をして、袋の口を軽く縛り、仕込み完了。
随所でホワイトリカースプレーを吹きかけるのはいつもの通りです。



材料覚書
140219miso7.jpg
・乾燥黒大豆:500g(丹波黒豆・兵庫・450円/250g・母提供)
・生米麹:500g(箱蓋手造り元気な【生麹】・岩手・800円/500g・国分寺)
・塩:240g(塩切り用9割・塩蓋用1割)(沖縄のシママース・300円/kg)
・茹で汁:約110ml(塩切り麹用)

道具と下準備の覚書
・あり合わせのタッパー、重石は米
・容器はよく洗って熱湯をまわしかけ、乾燥させておく
・消毒用のホワイトリカースプレー(手、道具、容器に、こまめに使用)
その他厚手のポリ袋45Lや大きなボウル、温度計、新聞紙など。
(本年は手傷あかぎれがないので素手で作業(手傷あれば手袋用意。))

工程覚書
大豆は昨夕19時より13h浸水
→7:50黒大豆茹で始め(2h、随時アク取り、途中3度ぐらい足し湯)
→9:50塩切り麹用の茹で汁冷まし始め(鍋から茹で汁約110mlを取り分ける)
→塩計量(分量のうち1割を塩蓋用に取り分けておく)
→10:10塩切り麹用意(麹をほぐして塩を混ぜ、ぬるめの茹で汁(45℃)を加える)
→10:15大豆を潰す(平たい底のステンレス桶+麺棒)
→豆を40〜50℃まで冷ます・・・今回は少量のためすぐに冷めた
→10:20大豆と塩切り麹を合わせ味噌玉づくり
→10:30詰め始め
→10:45塩蓋+新聞+蓋を被せて(密封しない程度に)仕込み終了
茹で始めから仕込み終了まで3h



2014年の手前味噌・1回目
2013年の手前味噌・1回目
2013年の手前味噌・2回目(玄米麹使用)
2012年の手前味噌
2011年の手前味噌(生麹使用)
2010年の手前味噌・1回目
2010年の手前味噌・2回目
2009年の手前味噌
タグ:味噌


web拍手

2014年02月18日

プチてく雪の河川敷

140218birds.jpg
地べたが得意なジベタリアン。 ハシボソガラスとツグミのつぐみんです。

最近やっとあちこちでつぐみんを見かけるようになったな(嬉)。




140218bird-tracks.jpg
つぐみん・・・・・・・こんなトコロに食べものあるの?



15時半出発、1h、3.5km。
晴れ。残雪の暮れ時。
公園のカシ林に越冬成虫らしきアカタテハ?が1頭、せわしなく飛んでいた。
ツグミが多かった。
2にゃんこ。
スズメ、カラス(ボソ)、ヒヨ、ムク、ツグミ、シロハラ、アオジ、
セキレイ、カモ類(カルガモ、マガモ)、アオサギ、カワウ。
タグ:お散歩


web拍手

シャケ餅

140213shake2.jpg
三毛餅、シャケ餅、毛玉餅。

つきたてのお餅はいかがかや〜?





タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 17:30 | 東京 ☀ | Comment(6) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月17日

残雪

140217snow.jpg
まるで雪の砂漠だ。





タグ: 空模様


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | まいにちのこと>まいにちのことF

2014年02月16日

スローな雪にしてくれ

ジョウビタキ♀。私はなぜかメスに会う確率が高い。(リュウキュウ)アサギマダラ@多摩動物公園昆虫館かわいいな。セツブンソウ(節分草・キンポウゲ科セツブンソウ属)むふふ。ついに購入、タマズー年間パスポート!
見渡すかぎり・・・多摩川雪景おサルも雪は寒かろう・・・@多摩動物公園光に透けるロウバイ(蝋梅・ロウバイ科ロウバイ属)殿ヶ谷戸庭園へは初訪問でしたwith妹
大満足のゆず塩ラーメン@らいおん亭カフェスローはイベントでにぎわっていたトナカイ@タマズー。昨年末の彫刻ワークショップのモデルのお礼に自由な孔雀@タマズー。トナカイ舎の真ん中でくつろぐ。
カワセミ@殿ヶ谷戸庭園。しばらく撮影会に付き合ってくれました。雪ウサギ@殿ヶ谷戸庭園イシガケチョウ@多摩動物公園昆虫館。イシガキチョウともいうらしい。岩崎政利さんの花芯白菜。それと生麹、黒千石、炒り大豆他@国分寺カフェスロー
タマズーから国分寺へ。

あまりにも欲張りかつ楽しく歩いたので整理がつかない。
だから記録の断片を並べてみることにした。






9時半出発、6h、8km。
残雪まぶしい冬晴れ。足元注意。
ノーにゃんこ。
スズメ、ハト(キジ、ド)、カラス、ヒヨ、ムク、シジュウカラ、
メジロ、カワラヒワ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ♀、コゲラ声、
セキレイ(ハク、キ)、カワセミ。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>お気に入りのこと

2014年02月15日

雪の日読書

140215books.jpg
こんな日は読書にかぎります。 (半分はうたた寝)









140215book.jpg五麗蝶譜―シジミチョウとアリの共棲 観察する目が変わる昆虫学入門 (BERET SCIENCE 観察する目が変わる昆虫学入門) 昆虫好きの生態観察図鑑I チョウ・ガ 昆虫好きの生態観察図鑑II コウチュウ・ハチ・カメムシ 他 散歩で楽しむ野鳥の本 (街中篇)
個人的には左2冊が鼻血モノ。右3冊は図鑑系、じっくり眺めてたのしい感じ。

特に五麗蝶譜。1988年刊。
アリの巣で育つシジミチョウの生態について、こんな立派な本が出ていたとは。
昨春読んだアリの巣の生きもの図鑑と併せるとさらに鼻血量アップ(笑)。





web拍手
posted by SHU at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本A

雪の仕業

140215snow1.jpg



140215snow2.jpg



140215snow3.jpg



140215snow4.jpg



140215snow5.jpg



140215snow6.jpg



140215snow7.jpg
今回は膝上までキマシタ。
さすがに散歩どころではなく早々に撤収・・・



140215shake.jpg
やっぱりおうちが一番!
タグ: シャケ


web拍手
posted by SHU at 14:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | まいにちのこと>まいにちのことF

朝だから全然コワくないよ!

140214shake.jpg
おばけ〜〜〜






一夜明けて外はとんでもない雪景色。
仕事場へはとても行けないので臨時休業です。

きょうはシャケさんと一緒に遊ぼー♪


タグ:シャケ


web拍手
posted by SHU at 07:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | シャケのこと>シャケのことH

2014年02月14日

チョコの記録

140213chocolate.jpg
あげたんじゃありません。もらったんです。





タグ:神戸


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食べること・のむこと>いただきもの
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。