2008年06月29日

バゲットとリュスティック

080629baguette+rustique.jpg
今朝仕込んだ発酵種を配合した、バゲット。
と、余り生地でリュスティック。

少量のイースト、ゆっくり発酵の工程で。

自家製酵母でパン作りを始めてちょうど一年。
なかなかうまく出来ないのです。。

考えてみたらイーストのパン作りを数回やってみた後、
いきなり自家製酵母パンに移ったのだった・・・。
そして。
やればやるほど、失敗が多くなる気がするのは気のせい??(ではないはず・・・)

もちろん私自身に『その手の』センスが足りないのが一番の問題だと思うけど、
どうにもこうにも折角の酵母の良さを引き出してあげるには、
まだ絶対的な経験値が足りないのだろうと思い、
しばらくはイーストでパン生地の扱い方のコツを掴むべく
初心に帰ろうと思った次第。

目指すはバリッと男前のクープの入ったバゲットです!


というわけで、
できるだけまじめにレシピ本通りにやってみたのだけど、
クープ開かない。。

080629baguette1.jpg
ちょっと開きかけ??

080629baguette2.jpg
こっちがクープかい!!ってくらい側面に派手な裂け目。

080629baguette3.jpg
バゲットの断面。

080629rustique1.jpg
リュスティックの断面。





少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

テキストとはまったく別モンのようになってしまいました(涙)。

派手な横割れってことは、
きっと成形にかなり問題があるはず。

プロの動画サイトを参考に成形してはみたけれど、
空気の抜き方やちょっとした力の加減、方向などは
なかなかうかがい知ることもならず・・・。

これは何度も自分でやって体得するしかないんだなと。
やってみるさ、不器用なりにもう少し満足したいし^^



お味の方は塩加減がちょうど良い感じ。
精製粉(リスドォル)オンリーだからか、無難な味わい。
最近全粒粉に慣れてきているから却って物足りないくらいでした。

皮バリリ、中身つやつやもちもちにするためには・・・
あとは自分の技量次第です。

てっぺんばかり焦げて側面が白く残るのも気になるしなぁ・・・。




web拍手
posted by SHU at 23:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | 台所しごと>粉研のコト@
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。