2009年04月21日

図書館のある暮らし

090421book.jpg食べ物づくりで遊ぼう
八田 尚子
晶文社 1993-11

by G-Tools

草餅、うどん、かまぼこ、干物、
チーズ、豆腐、梅干し、水ようかん、
ハム、かりんとう、ジャム、しめさば、
饅頭、佃煮、キムチ、あられに手前味噌。

気楽に楽しく、
いちから全部つくってみよー、という本。
それぞれの項目の後に、
市販食品のカラクリなどを書いたコラムがあって、
それが結構タメになりました。

表紙絵にもある、
土橋とし子さんの独特なイラストが満載。

4309280277暮らしに生かす旧暦ノート
鈴木 充広
河出書房新社 2005-08-19

by G-Tools

読んでから気づいたんですが、
私もときどき覗かせていただいている『こよみのページ』さんの著書でした。

小さな頃からの趣味が高じて、
暦の物知り博士になってしまったとのこと。
読んでいるとほんとうに暦が好きで好きで、
知らないうちに知識が広がって、
それで暦の何でも博士になられたんだなーと
思うような楽しい内容でした。

これを読んでしまうと、
他の旧暦本が学者さんの視点で書かれた、
ちょっとかための内容に思えてしまうくらいです。

読んでよかった本。

4877586660自然がくれた愛情ごはん―かるべけいこの野菜料理
かるべ けいこ
アノニマスタジオ 2008-07

by G-Tools

自然の中の暮らしと食を大切にしている
かるべけいこさんの本。

料理の写真もきれいだし、
野菜や摘み草の素朴なレシピや、
ちょっと手をかけたモダンなレシピなど、
眺めているだけでほっこり。

こんな料理をぽんぽん作れるようになりたいなぁ。
そしてこんな台所、憧れるなぁ。。
(ぶらさがってるパスタパン、欲しい。)
タグ:


web拍手
posted by SHU at 20:05 | 東京 ☁ | Comment(2) | 充電すること>本@
この記事へのコメント
かるべけいこさんの台所 よいですね。
あこがれます。
あ…土間にかまど。管理がたいへんそうですけど。

ベニシアさんの摘み草よかったですよ。
途中で、あの!草喰なかひがしの中東さんが登場したのが……(放送をお楽しみに!)



Posted by ゆうひ at 2009年04月22日 05:15
ゆうひさま
かまどの仕舞いは確かに大変そうですね〜^^;
しかし踏み固められた土間のある家はかなり欲しいかも!
泥付き野菜なんかをどさりと置けるような空間が欲しいです^^

ベニシアさん、
ついさきほど観ました〜!!
なかひがしさんのような目利きの方が身近にいてくれたら
どんなに摘み草暮らしが楽しめるかと、
そんなふうに思いました。
私もコツコツ修業したいです^^
あと染め物も良かったですよね!
Posted by SHU at 2009年04月22日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]