2009年12月31日

干し柿3姉妹

091231dried-persimmon1.jpg
左から、
・初実験の『干し甘柿』
・自家製『干し柿』
・実家から送ってくれた『母の干し柿』

091231dried-persimmon2.jpg
お茶のお供に食べてみました。

干し柿は普通渋柿で作るもの、と思っていた
(渋柿の豊富なタンニンが甘みに変化するらしい)ので、
甘柿を干すとどういう味になるのか不安だったのですが。。

ちゃんと甘くて、
柔らかくて、
食べやすい干し柿でした!
しかも色良い。

でも食べ比べて見ると
渋柿製の方が甘みが深い。滋味深い、というか。

甘柿製がクッキーの甘さだとすると、
渋柿製が羊羹の甘さ。

甘柿の方には白い粉はふいてこないようですが、
今日、藁の中に入れました。その後どうなるだろうか。

母のは渋柿製だと思うけど、
一番軽やかな味わいで、
これはこれで美味しかった。

ひとくちに干し柿と言っても
ほんとうに見た目も味も違うんだな〜と実感。


タグ:干し柿


web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。