2010年02月21日

手前味噌を仕込む2010・2回目・塩ミス→結果オーライ〜とよまさり2kg・米麹2kg・塩960g+37g〜

100221miso1.jpg
結論。

2戦2敗・・・。

実際に負けたかどうかは、完成を待ってからなのだけど、
2回とも基本的なところでミスを犯してしまった。(追記:結局どちらもおいしくできた!)

今シーズンの味噌仕込み、
1回目の2月11日は温度管理をミスった(塩切り麹を混ぜ込むときの大豆の温度が高すぎた)ので、
今回はちゃんと人肌に冷めるまでごはんを食べながら待ってみた。

材料と工程は同じ。
変えたのは味噌玉づくりの際の温度(前回かなり高温〜42℃、今回人肌)と、
保存容器(前回ホーロー、今回常滑。ちなみに去年は常滑。)。

100221miso2.jpg
人肌よーし!



が。

しかし。



今度はなんと塩の取り分けをミスってしまい、
全量の塩を麹に混ぜ込んでしまった!!!
(ほんとは1割程度を最後の『蓋』用に取っておかねばならない)

急遽1割96gの塩を別に用意して、
味噌を詰めた最後に様子をみながら振りかける。
結果37gでいい感じに『蓋』ができたのでストップ。

元々減塩じゃないレシピなので、
このプラス37gがどう響くか・・・。(追記:結局普通においしくできた。)

温度管理でどう変わってくるのかを実験したかったのに、
塩でトチるとはなんともはや・・・。





オマケ)
100220soy-beens.jpg
浸水前(昨夜18時ごろ)。

水洗いするだけで泡が出るのです。

サポニンかしら。






タグ:味噌


web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。