2010年04月29日

干しひじき

100428dried-hijiki1.jpg
佐島の生ひじき、太くて長い茎部分は煮物にして、
残った細かい部分だけを5日間ほど、ベランダで干しておきました。

あまりに細かいので、
ザルの上にオーブンペーパーを敷いてその上に。

べたべたと腐ってきたら嫌だなぁと思ったけど、
朝、夕、と日当たりと風通しの良い場所に移動しながら2日置いたら、
端から黒く乾燥してきたので、ほぐしながらまた乾燥。(ほったらかし、とも言う。)

どうなるかと思ったけど、
びっくりするほど売り物と同じ仕上がりに(嬉)。

これなら茎部分もきっと『売り物』になるに違いなし。

100428dried-hijiki2.jpg
今回の『当たり』は2mmほどのプチ巻貝。




100429hijiki-rice.jpg
さっそく干しあがったひじきでひじきご飯。

5分搗き玄米4合に、軽くふたつかみほどの干しひじき。
4合分の水加減に、ひじきを加えて炊くだけ。味付けもなし。

炊き上がったひじき飯は、
ほんのりと色付いた米に磯の香り。

キッコーゴの醤油をほんのひとたらしで、止まらない旨飯に。




参考レシピは
4777151190うおつか家の台所実用ノート 眼からウロコ!“ひと月9000円”の快適食生活 (ゴマ文庫)
ゴマブックス 2009-03-31

by G-Tools


タグ:


web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。