2010年10月22日

柿の里

4062150662柿の里 ふるさとが実る頃 (講談社ARTピース)
西村 豊 (文・写真)
講談社 2008-10-22

by G-Tools

干し柿の季節はもう間もなく!
予習+イメトレしておかねば。ということで。

実りの秋、干し柿の季節からこの本はスタートする。

甲州は塩山(えんざん)の近く、枯露柿(ころがき)の里
中でも圧倒的な干し柿の風景を見に、
ぜひとも岩波農園さんを訪れてみたい。

木曽・妻籠宿の藁で包んで軒先に吊るす、吊るし柿。
これは皮を剥かずそのまま吊るす、渋柿の渋抜きの手段。
こんな渋抜きの方法があるのだと。

冬。人間も、鳥も、誰も採らずに樹上で完熟し、
落ちんばかりになった“柿風船”の風情。

干し柿用の柿は普通、Tの字型の枝を残すのだけど、
枝がないばあい楊枝をX字型に刺して吊るす方法。

あとは普段あまり注目されない、春、夏の柿の木の様子。
小さな花や果実の赤ちゃんなどなど。

巻末には柿データ。
柿の種類、渋抜きの方法、保存方法。
柿料理は甘柿、熟柿、干し柿にそれぞれのレシピ。
甘柿は調味料にしたり、
干し柿にゆで卵を挟んだ天ぷら!
食べてみたい。




web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。