2011年02月05日

すゞしろ日記

すゞしろ日記
ヒジョーに堪能いたしました。大山崎本に続いて大満足。

先日から楽しんでいた、画家山口晃氏の『すゞしろ日記』
ペンや小筆でさらりと、かつ緻密に描かれたイラストエッセイ(と言っていいのか)、
ゆる〜いコマ割り形式の“UP版すゞしろ日記”なんていうのもあるから、
漫画とも言えるかもしれないし。

一番笑えた=最高のお気に入りはなんと言っても
“アトリエ探訪&仕事場リアル探訪”。

あと好きだったは“慶派台頭”や、
敬愛する若冲さんの一生をなぞらえた“斗米庵双六”、
漫画雑誌モーニングの“25周年記念表紙原画”(2006年第16号)にはなんとなんと、
大好きなあのとりぱんのとりのなん子さんも登場!

他にも隅々まで氏独特の“仕掛け”があって、
最後まで気が抜けません。

ま、これはぜひぜひ手に取って、にひひと笑って読んで欲しい、
ユルいのに読み応え抜群、突っ込みドコロ満載、の一冊です。


web拍手
posted by SHU at 23:35 | 東京 ☀ | Comment(2) | 充電すること>本A
この記事へのコメント
いや〜大山崎見ました。
図書館で探したら一冊だけありました。

素晴らしい!!
あのセンスある緻密さ。
しばし時間を忘れて、画面のすみずみまで眺めました。
すずしろ日記、みたい…
図書館にリクエストしておこうと思います。

よい情報ありがとうございました。


Posted by ゆうひ at 2011年02月06日 15:52
ゆうひさま
ご覧になりましたか!
とっても素敵、というか楽しいというか、面白いというか、
噛めば噛むほど、ってヤツですよね^^
大山崎がお気に召したならば、
すゞしろ日記も断然おすすめです。
ぜひとも♪
Posted by SHU at 2011年02月07日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]