2006年11月22日

私のハーブティー&薬草茶バイブル

私がハーブティーや薬草茶を飲むときにブレンドや薬効の参考にしている本です。




『ハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に 57種のハーブからつくる192のハーブティー』
佐々木 薫著 池田書店刊

最初に買ったハーブティーの本。
ハーブ関連の本は結構買い漁ったけど、ピカイチの活躍ぶり。
中でも各ハーブの薬効が一覧になったリストがとっても使いやすい。
縦軸がハーブ名、横軸がお悩み(症状)別になっていて、
該当するセルに印がついている。
たとえば先日の貧血気味のときなどもこのリストを見ると
一発で効果のあるハーブを見つけることができる。



『からだに効くハーブティー図鑑―厳選98種のハーブティーカタログ』
板倉 弘重著 主婦の友社刊

紹介されているハーブの種類がとにかく多いので購入。
ハーブ別の情報は結構詳しく書いてあるのだけど、
症状別の逆引きができないのが残念。
私的には実用性に欠けるかな、というのが正直な感想。



『薬草茶でキレイになる!―植物の力でカラダとココロを癒す』
伊藤 翠著 双葉社刊

きれいな写真と分かりやすい解説が載っている。
特に薬草茶を使った、『今風』のアレンジティーも数多く紹介されていて
『薬草茶=古臭い』みたいなイメージも払拭。

ドクダミ茶、ヨモギ茶など、昔から良く聞く日本古来のものから
マテ茶、ルイボスティー、バナバ茶などちょっと耳新しいものまで
いろいろと楽しく勉強になります。

さて、今日はどんなブレンドにしようかな。


web拍手
posted by SHU at 02:35 | 東京 ☀ | Comment(2) | 充電すること>本@
この記事へのコメント
本っていいですよねー。。。
特に趣味関連の本は、どんだけあっても欲しくなっちゃいます。パンとか、薔薇とか。でも結構活用する本て限られてきません??読みやすさ、使いやすさなのかな。

料理の本も、実は昔の本とかが使いやすかったり。
『おかずに困らない本』とかそういうの。
眺めるぶんには綺麗でおしゃれでいいけど、
料理の参考にするとなるとイマイチな本が多いです。

ハーブの本、症状別の逆引き便利ですね!
ただ薬草と、効能だけ書いてあると何が必要か調べるの大変ですもんねえ。
Posted by わんた at 2006年11月22日 10:45
わんたさま
本、特に写真のきれいな、レイアウトのよいものがいいですよねー。
わんたさんちのパンや薔薇関連本もステキなのがいっぱいですもんね☆

そうそう昔の本もいいのが多いですよね。
お母さん世代が使ってたようなのとか。

私は平凡社の雑誌『太陽』『別冊太陽』が大好きで結構な数を持っています。
焼き物とか、骨董、古布とか、古民家とか、JJ(植草甚一)とか白洲正子とか。そんな特集が好きで。。
オナゴがこんだけ持ってるのは珍しいね、と言われたことがあります(笑)

ハーブの逆引きは本当に便利ですねー。
これぞ実用的って感じですよ。重宝してます☆
そうだ今度わんたさんちに寄せていただいた時に自然酵母本覗かせてください〜☆
Posted by SHU at 2006年11月22日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック