2010年10月22日

柿の里

4062150662柿の里 ふるさとが実る頃 (講談社ARTピース)
西村 豊 (文・写真)
講談社 2008-10-22

by G-Tools

干し柿の季節はもう間もなく!
予習+イメトレしておかねば。ということで。

実りの秋、干し柿の季節からこの本はスタートする。

甲州は塩山(えんざん)の近く、枯露柿(ころがき)の里
中でも圧倒的な干し柿の風景を見に、
ぜひとも岩波農園さんを訪れてみたい。

木曽・妻籠宿の藁で包んで軒先に吊るす、吊るし柿。
これは皮を剥かずそのまま吊るす、渋柿の渋抜きの手段。
こんな渋抜きの方法があるのだと。

冬。人間も、鳥も、誰も採らずに樹上で完熟し、
落ちんばかりになった“柿風船”の風情。

干し柿用の柿は普通、Tの字型の枝を残すのだけど、
枝がないばあい楊枝をX字型に刺して吊るす方法。

あとは普段あまり注目されない、春、夏の柿の木の様子。
小さな花や果実の赤ちゃんなどなど。

巻末には柿データ。
柿の種類、渋抜きの方法、保存方法。
柿料理は甘柿、熟柿、干し柿にそれぞれのレシピ。
甘柿は調味料にしたり、
干し柿にゆで卵を挟んだ天ぷら!
食べてみたい。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年10月15日

白洲次郎・正子の食卓

白洲次郎・正子の食卓
長女牧山桂子(まきやま・かつらこ)氏による著書。

あとがきに〜注文の多い白洲家の食卓〜とあるように、
料理をほとんどしない母白洲正子氏に代わって、
長女である著者が料理の腕を振るうようになったこと。

お家柄ゆえか庶民にはなかなか縁のない食材
−松茸、ふぐ、からすみ、フカヒレ−なども並ぶし、
旬のものだって最高の贅を尽くした料理となって並ぶ。

それにこの時代にしては
はまぐりのエスカルゴバター、ブイヤベース、子羊のナバラン、マロンシャンテリー
なんて横文字料理も多いし。
結構動物系のメニューが多いなというのが感想。

とは言え素朴な定番の常備菜や漬け物などもあり。
父白洲次郎氏はカブ漬けが大好物だったという。
そしてさすがは白洲家、器などしつらえが格好いい!

お家柄、とか格式を超えた
家庭の味がそこにはある。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年10月09日

木―なまえ・かたち・たくみ (平凡社ライブラリー)
檜(ヒノキ)・欅(ケヤキ)・松(マツ)・栃(トチノキ)・杉(スギ)・樟(クスノキ)・槙(マキ)・榀(シナノキ)・樫(カシ)・楊(ヤナギ)・桐(キリ)・檮(イスノキ)・朴(ホオノキ)・榧(カヤ)・楮(コウゾ)・柿(カキノキ)・槐(エンジュ)・桂(カツラ)・楓(カエデ)・桜(サクラ)。

20種類の“木偏”の木にまつわる話あれこれ。

かの白洲正子氏の経歴は知る人も多いので割愛。

それぞれの木の木材としての特性、
古くからどのように利用されてきたのか、
老樹大木の存在、木工芸品への利用など。

奈良・若宮神社の樹齢800年のクスノキや、
葛飾・水元公園の楊並木、
東村山市・梅岩寺のみごとな欅と榧の老樹には
一度お目にかかりたいと思った。

何よりも柿。

白洲夫妻の居宅だった武相荘の近所でもあるのだが、
日本最古の甘柿の品種、禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の産地なんだということ。

そういえばこの夏、黒川トマトを紹介してくださった方が、
この辺りは大層おいしい柿ができるのだと教えてくれていたのだった。

そろそろ干し柿のシーズンが近い。
今年は禅寺丸柿の干し柿にも挑戦してみたいなぁ。


web拍手
posted by SHU at 23:28 | 東京 ☔ | Comment(4) | 充電すること>本@

2010年10月07日

ヤギ飼いになる

4416709412ヤギ飼いになる―飼い方から実例、グッズ、ミルクレシピまで
平林 美紀 中西 良孝
誠文堂新光社 2009-07

by G-Tools

表紙のヤギさんが呼んでいた〜。

とにかくどの写真もかわいい!

いきなりコアな感想で申し訳ないのだけれど、
表紙の折り返し部分にはみ出している、ヤギさんの耳先のもふ毛がたまりませーん!
これ、実際手に取った人でないと分かんないですが、
読んだ人、ぜひこの感動を分かち合ってください(笑)。

内容はヤギのいる暮らし実例をはじめ
牧場のヤギ、屋内飼いのミニヤギさんまで。
どの子もきれいでめちゃめちゃかわいいです!

食べものや小屋、遊び場の工夫からヤギチーズレシピなど、
飼い方全般について満遍なく網羅されています。

写真を眺めるだけでも癒されるし
隙あらば(ないが)飼いたいぐらいだ〜。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | 充電すること>本@

2010年09月15日

図書館のある暮らし

4冊全部好みでございました。

中でも一番だったのがこちら。
4916110064一条ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬
一条 ふみ
自然食通信社 1998-03

by G-Tools

東北岩手、大正生まれの一条ふみおばあちゃん。
農とともに生き、理屈ではなく知恵を通して身につけた民間療法を、
東北弁のやさしい口調で綴ってくれます。

ヨモギ、スギナ、ドクダミ、コンフリー、
びわの葉、大根、里芋、ノブドウにほおずき、アマランサスなど。

見渡せばそこいらにある野草や野菜、木の実や穀物など、
自分で摘んできて、干して、保存して、煎じて飲んだり、
生葉なら汁を揉んで擦り込んだり、焼酎に漬けてみたり。

人任せにせず、自分でできる身近なことから。
お灸や芋湿布なんかも無理なく暮らしに取り入れる考え方がてんこ盛り。

中でも一番印象に残った部分を一部引用。
〜ふだんは農薬がかかっているものでも何でもたくましく食べて、
それでもなお有機農業のものを食べるということに重点を置きながら食べていかないと、
みもふたもない免疫のないからだになっちゃうと。〜

ほんとうにこの言葉は、すうっと体に馴染みました。
例えば関西人(私を含め)のおばちゃんは『ナーンでも食べる』が合言葉、
有事に耐えうる『喰い意地』も強さのうちではないか。
これは15年前の大震災を経験して体で感じたこと。

素晴らしい本でした。
これはぜひ手元において実践したい一冊です。




4259560875野草で楽しむ天然美容生活
標 ヒロ
家の光協会 2004-11

by G-Tools

ハーブや精油を使ったこの手の美容本は数あれど。

いわゆる雑草と呼ばれる野辺の草花を中心に作る、
天然美容レシピのヒントがたくさん。

天然化粧水、パックやナイトクリーム、ヘアトニック、
ピローとブランケット、野草茶、野草酒、野草浴。

あぁ摘み放題の野辺に住みたい。




4092083033花と葉で見わける野草
有沢重雄
小学館 2010-04-05

by G-Tools

何も考えず、ついでに借りてみただけなんだけど、
奇しくも上2冊の理解を深めるのに非常に役立ちました。

合弁花植物・離弁花植物・単子葉植物に大きく分けられ、
似たもの同士の植物が並んで、
違いが分かりやすいようにまとめられています。

例えば
エノコログサ、アキノエノコログサ、キンエノコログサとか、
オヒシバ、メヒシバとか。

ちょっと不思議だったのが、
ひじょうに良く似ているスベリヒユとニシキソウがてんで離れたページに載っていたこと。

でもこの本のおかげで、
ウチの前に生えてるのがスベリヒユとコニシキソウの2種類混じりだということが分かりました。

手軽で分かりやすく、実用的な本だと思います。



4838717881豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記
絲山 秋子
マガジンハウス 2007-12-06

by G-Tools

ちょっと毛色を変えて随筆というのでしょうか、これ。

絲山秋子氏は『とりぱん3巻』巻末付録のスペシャル対談のお相手でして、
この方の本を読んでみたかったのでした。

芥川賞作家の本を読むのに1冊目がこれで良かったのかな、
というのはさておき、
おせおせな勢いでひたすら作り、喰い、綴る。
しかし実際のご本人はきっと、
口調はともあれ繊細な精神の持ち主だと思われます。

やーエネルギッシュな文章にあてられて(!?)
自分の中の野生の目覚めを感じました。

次は絲的メイソウ、あとは小説も読んでみんと。


web拍手
posted by SHU at 21:14 | 東京 ☁ | Comment(2) | 充電すること>本@

2010年08月24日

図書館のある暮らし

たまたまだけど、今回は2冊とも5つ星の人気。

小さな酵母パン教室へようこそ―ふかふかあったかここちいい香りの誘惑
小さな酵母パン教室へようこそ―ふかふかあったかここちいい香りの誘惑林 弘子

おすすめ平均
stars振り返ったら、お気に入りに。。
starsいいかんじです。
starsすごく参考になります
starsさすが!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ずっと読みたいと思っていた、林弘子さんのこの本。

やはり良かった〜。
少しでも酵母パンの経験がある人ならば、
発酵食の経験がある人ならば。
自分の感覚でモノを作ってみる人ならば。

春夏秋冬12ヶ月で毎月2、3品の酵母パン。
弘子さんの本は、レシピ本というよりは、読み物として、
基本のキの部分をきっちり伝えてくれるのです。

それは数値ではないのです。
言うならば目安。

この本の中で印象的だったのは
〜手づくりは素晴らしいことだけれど、手づくり至上主義のようになっては本末転倒、
『旨くもない母の手作り』を押し付けるくらいなら、おいしい市販品を買う方がよっぽどマシ。〜
みたいなくだり。
あとは随所随所で空手チョップや空中とび膝蹴りが炸裂します(笑)。

パンだけじゃなくって、
もっと日々の食生活に即した発酵食、
例えば味噌や漬け物に親しんでみましょうよ、とも。

私も発酵食のきっけけはパンづくりから。
しかしなかなか上達しないもんでいったん離れてみたのです。(←諦め早い)
そして味噌漬け物など、
日本の発酵食に興味が沸いて作り始めたクチ。

でもしばらく離れていたパン作り、
心の師、弘子先生を偲んで、また挑戦したくなりました。




ぱくぱく!パクチー
ぱくぱく!パクチー佐谷 恭

おすすめ平均
stars愉快!
starsパクチーを愛してやまない人々への最高の一冊。
starsパクチー好きのマスターピース。
starsパクチーに苦手意識がある人にこそオススメしたい
starsまずは、パクチーハウス東京へ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とってもコアな本。しかもその吸引力たるや。

旅と平和、そしてパクチーをこよなく愛する著者による、狂信的パクチー本。
(敢えて狂信的と書きましたが、著者自ら日本パクチー狂会を主催しているほどだから♪)

パクチーが好きで、好きで、パクチーをもっと日本に広めたい一心で、
パクチー料理専門店を作って、本まで書いちゃった。

面白いですよぉ。
パクチーのことなんでも。歴史や各国料理や薬効、謂れまで。
簡単レシピからがっつりレシピ、
そしてなんとスイーツまでパクっちゃう!

アンチョビとパクチーのペペロンチーノ、作ろう!!

パクチーハウス東京も行きたいなぁ、
誰か一緒に行ってくれないかなぁ。。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | 充電すること>本@

2010年08月11日

二日月に三日月

100811magazine.jpg
あのとき読んだぬか漬けの千束さん、
そしてベニシアさん

しかも昨夜実家の母との電話の中で
『ミスユニバース日本代表の食事指導の外人さんも、日本食が一番ゆうてるでぇ』
なんて話題が出たばかり。

他にももう1点お馴染みのフレーズを見つけて。

最近めっきり書籍雑誌の類を買うことが少なくなったのだけど、
なんだか縁を感じて思わず購入。


web拍手
posted by SHU at 23:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年08月02日

図書館のある暮らし

じぶんでつくるクスリ箱―おばあちゃんの知恵、暮らしに活かそう 陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書) 台所漢方
身近な食べもので健康を保とう、ちょっとした不調をクリアしよう、
そんな本3冊。

左)おばあちゃんの知恵系、症状別に各3点ほどのレシピ
中)欧米式栄養学を修めた著者が東洋の陰陽理論に行き着いた経緯、
  そして食べものの陰陽を利用した重ね煮レシピ
右)薬草や身近な食材の薬効と利用法がイラスト付きの辞典形式に。

どれも手元において実用するタイプの本だなぁ。
全部なんて覚えきれない。




自然派のんびりライフ 自休自足 2010年 07月号 [雑誌] VOL.30
あとは手近の2冊、眺める感じで。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(4) | 充電すること>本@

2010年05月24日

ターシャさんの本をいくつか

去年の夏に初めてターシャさんの本を手にとって以来。

図書館の棚に見つけた、これもご縁。と、また数冊。

4840117616生きていることを楽しんで (ターシャ・テューダーの言葉 (特別編))
Tasha Tudor
メディアファクトリー 2006-12

by G-Tools

ターシャさんの庭や家屋、コーギー犬やヤギ、クジャクバトなどの生き物たち、
ぬいぐるみや絵画などの作品も。

美しい写真をたっぷり織り交ぜた、書き下ろし。

むーん、癒されるなぁ。。



4592732529ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)
Tasha Tudor
白泉社 2009-06

by G-Tools

写真は少なめ。

巻末には長男をはじめとした
家族の視点でのターシャさんの姿が語られています。

ターシャさんの言葉はほんとうに体にしっくりと沁みわたるんだけど、
実はこの本の中で一番、心に残ったのは、
ターシャさんの孫セス・テューダー氏の、奥さんエイミーさんの言葉。
以下〜〜部分引用。

〜自分の興味があることを追い続ければ、たとえそれが些細なことだとしても、自分にぴったり合った人生を見つけられる〜

〜「ターシャ・テューダーのように生きられればいいのに」と人々が言うのをよく耳にしますが、どうしてそうしないのでしょう?仕事を辞めることができないから?いいえ、おそらく彼らは仕事で稼いだお金で買った素敵な車や、おしゃれなドレス、大きな家が好きなのです。これこそが、人生において、何かを選ぶ本質ではありませんか?〜



ほんとうにその通り。



まったく、その通り。



ことあるごとに読み返したい言葉。




4889919422コーギビルの村まつり
Tasha Tudor
メディアファクトリー 1999-11

by G-Tools

ターシャさんの作品、創作絵本。

若い女性司書さんが、
この本、ほんとうにかわいいですよね、この辺とか・・・
と表紙のコーギーのぷりりんお尻を指差してにっこり。

図書館で本を貸し借りするときの、
こういう心の通ったやりとりがとても心温まる。

だからいつも、こちらも丁寧に、笑顔で、
声を掛けるのだ。

これからもよろしくお願いいたします。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年05月17日

図書館のある暮らし

レシピ系を主に。

今回は活用する(気持ち?体調?)の余裕がなく、
ほとんど実践できなかったのが残念でした。。

459405790X保温調理鍋[シャトルシェフ]のおいしいレシピ
扶桑社 2008-11-27

by G-Tools

実践レシピ→『保温調理鍋で人生初プリン』
煮豚や煮豆もやってみたい。




4022505303旬を楽しむ81の簡単レシピ ふだん着の薬膳
朝日新聞出版 2009-01-20

by G-Tools

春夏秋冬+梅雨の5シーズン、さらにおやつをプラスしたレシピ構成。
薬膳の基本知識とそれぞれのシーンで摂りたい食物など。
簡単な手順と手軽に入手できる食材(生薬は使わない)で、消化に良いもの、がコンセプト。

野菜ごろごろサンラータン、とか美味しそう!!




4777151190うおつか家の台所実用ノート 眼からウロコ!“ひと月9000円”の快適食生活 (ゴマ文庫)
ゴマブックス 2009-03-31

by G-Tools

実践レシピ→『干しひじきでひじきご飯』(混ぜて炊くだけだけど・・・)

基本のキ、『めしの炊き方』。
油使わずすり胡麻で炒め物、とか。
分厚めの文庫本、一冊丸ごと工夫と使いまわしの知恵ぎっしり。




4569706630電子レンジでかんたん!野菜と果物の和菓子
PHP研究所 2009-03-19

by G-Tools

レンジは別として、可愛らしい和菓子たちに惹かれて。

柿の葉もちや野菜ゆべし、煮豆のくず茶巾。
作ってみたいのでレシピをメモメモ。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年04月30日

図書館のある暮らし

けっこう好みの本に出会えていると思う、ココ最近。

4480831614猫語の教科書
筑摩書房 1995-07

by G-Tools

なんと言ってもこの本。
なんで今まで読まなかったかな〜。

表紙のにゃんこ写真にまずクラクラ、
そのかわいこにゃんがこの本の著者である、という設定。

ある日編集者の元に届いた、不思議なタイプ原稿。
ポール・ギャリコはこの暗号めいた原稿を試行錯誤の上解読、
それがこの本、というわけ。

19章からなり、
『人間』についての考察、
人間の家ののっとり方、
獣医にかかる際の注意点、
人間を躾けるための正しい表情とマナー、
子供(子猫)の教育など、
くるおしいほど可愛らしい著猫写真多数と
とても猫が書いたとは思えないほどのユーモアを交えながら紹介。

どんなに面白いかというのは、
読んでのお楽しみ、ということにしておいて、

最後に表紙折り返し部にある『著猫(ちょしゃ)略歴』を
ここに引用しておこう。

交通事故で母を亡くし、生後6週間にして広い世の中に放り出される。
1週間ほどの野外生活を経て、人間の家の乗っ取りを決意。
持ち前の器量を発揮し、居心地のいい家庭に首尾よく入りこむ。
飼い主を思いのままにしつけた豊かな経験を生かし本書を執筆。
四匹の子猫(こども)たちを理想的な家庭へと巣立たせた後は、
いっそう快適な生活を送りつづけている。




シャケはきっと、この本を読んだか、
血筋に読んだ猫がいるに違いない。





4101141150土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)
新潮社 1982-08

by G-Tools

これも素晴らしかった!



とはいえ、ここに告白しておこう。
水木しげると水上勉の違いがイマイチ分かっていなかったことを(!!)。



もちろん水木しげる氏はかのゲゲゲの鬼太郎で有名な方なのだが、
水上勉が作家であることは(うすうすしか)知らなかった。

でも『土を喰う』というフレーズには前々から惹かれていて、
今回読んでみてびっくらぽん、というわけ。

あらためて作家、水上勉氏は大正8年福井生まれ、
9歳で京都の禅寺に小僧として入って以来、
寺での台所役、典座(てんぞ)の手伝いをしながら精進料理を会得。(その後出奔)

その精進の心をベースに日々畑を耕し、山菜の恵みを受け、
原稿を書き、酒を酌み交わし、食べ、暮らしている。

本文中には何度も道元禅師の『典座教訓』が引用され、
禅の心と食材に対する季節折々の向き合い方が綴られている。




organic base 朝昼夜のマクロビオティックレシピ 生姜と葱の本―蘇先生の家庭薬膳 たっぷり食べて体質改善 キッチンでつくる美白水&美髪水―台所漢方 (主婦の友生活シリーズ―台所漢方)
その他、こんな感じで。

卵の薄皮と玉ネギの皮、鋭意収集中。
タグ:


web拍手
posted by SHU at 15:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年03月19日

図書館のある暮らし

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード
冬眠明けのぬか床を起こす際、非常に、非常に、ためになった本。

知る人ぞ知る、
福岡のぬか漬けとぬか床料理の店『千束(ちづか)』の店主、
下田敏子さんの著書。

何代も受け継いだご当家ぬか床の扱いを通して得た知識を、
惜しげもなく披露してくださっています。
そんなに分厚い本ではないのだけど、
要点がきっちり詰め込まれていて、素晴らしい本です。

私のように、
・つい最近まで漬け物全般が苦手で
・今まで数えるほどしか食べたことがない
故にぬか床・ぬか漬けの正解が分からない。

そんな私でも、どうにかなるのではと勇気付けられる内容。

特徴的なのは生ぬかを足すこと、
水分は捨てないで足しぬかで調節すること。

本当にダメになったぬか床は
・粘り気が出て変な臭い
あるいは
・からしを入れすぎた床
だそうで、
酸味や匂い、カビ類はよほどでない限り回復可能とのこと。

う〜ん、かなりメモを取りまくりました。

良質の生ぬかを入手したい。

祖母ログ うんまいゴハンがみんなをつなぐ おばあちゃんの手当て食―自然の力で癒す食の処方箋
おばあちゃんの知恵系、2冊。

左は本当におばあちゃんのレシピ。
祖母、母、娘の三代で綴ったブログ『祖母ログ』(更新は終了)からできた本。

ボルシチや赤紫蘇シロップ、ハムをはさんだ押し寿司など、
どれもおばあちゃんの愛情と知恵とコツが詰まったレシピばかり。
仲良し家族の暖かさがふかふかと伝わってくる本でした。

右は自然療法と陰陽の考えがベース。
玄米クリームとか梅番茶とか大根湯とか豆腐パスターとか、
そういう食べる、飲む、外用にする、の3ジャンルのレシピが満載。

とてもやってみたいと思ったのが、
食材の陰陽を元に、少ない水量で重ね煮をする方法。

例えば陰性のものは上に、陽性は下に向かう性質があるので、
鍋の下に陰性のもの→上に陽性のものが来るように順に重ねることで
素材の気が上手に循環してバランス良い料理に仕上がる。
そして皮は剥かない、アクは抜かない。

そういえば雑誌『うかたま』に『季節の重ね煮』という連載があったけど、
この方でした。

陰陽調和はぜひマスターしたい考え方だなぁ。

食卓の力?「くり返し」を楽しむ暮らし 和のアルファベットスタイル―日本の器と北欧のデザイン
こちらは気楽に読めるエッセイとスタイル本。

特に左は副題『「くり返し」を楽しむ暮らし』に惹かれて。
ちょっと関係ないけれど、
飽きっぽく気まぐれなところがある私なのだが、
実は日々くり返しの中に発見する小さな変化を観察するのが
とても好きだったりする。

ものを持たない『心の強さと実行力』を見習いたい〜。
タグ:


web拍手
posted by SHU at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年03月06日

図書館のある暮らし

100210book&shake.jpg
我が家のデューイー



毒を出す食 ためる食 毒を出す生活 ためる生活 風邪の効用 (ちくま文庫)
タイトルに惹かれた左の2冊。

読んで初めて知ったのだけど、
アーユルベーダの考えがベースになっていて、
基本的に見開きで一問一答一解説の形式。
この『世界』では胡麻油は食用にせず、外用にのみ使うのですって。

食用にしたいなぁ。

一番右は明治生まれの整体界の重鎮、野口晴哉氏の本。

風邪はからだのこわばりをほぐす自浄作用であって、
やたらとクスリで『治療』するものではない、
上手に引き、上手に経過することによって、
ぐっと体調が好転する、という論。

椎骨の何番と何番の間が固ければどこそこが弱っている、とか
風呂から出て片足が赤くならなければ風邪、両足なら食べものの毒、とか。

こうやって色々読み比べて見ると、
あっちでOKなものがこっちでNG、みたいなのが結構あって
興味深いものがあります。




からだにやさしい「干す」「漬ける」だけの自家製レシピ (講談社のお料理BOOK)
すでにあれこれやで活用させていただいてる本。

他にも気になるのが
炒り大豆と干し野菜の炊き込みご飯とか、
干し納豆、身欠きにしんの梅しそ漬けとか。
味噌仕事、梅仕事、
調味料づくりでは味醂、煎り酒、豆板醤など。
他にもたくさんあります。

食材は傷む前にすべて使い切る、という実行レシピ。

素晴らしい本です。これは手元に置きたいなぁ。




カラスのお宅拝見!
ちょっと面白そうでしょう、
カラスの生態って意外と知られてないので興味津々、

動物写真家の著者が自ら高い木に登り、
全国各地のカラスの巣の全体像や巣材、
卵やヒナの様子を写真と箇条書きでレポート。

地方によって卵の色に同じ傾向があったり、
ヒナの目の色って青いんだったり、
巣に使われる材料に特色があったり、
謎多きカラスがかなり身近に感じられるようになりました。

カラスって結構、かわいいなぁ。



* * * * * * * * * * *

図書館ねこ デューイ  ―町を幸せにしたトラねこの物語
そうそう、これが世界一有名な猫、デューイー。

翻訳本も出てるんですね。
タグ:


web拍手
posted by SHU at 21:51 | 東京 🌁 | Comment(2) | 充電すること>本@

2010年02月10日

図書館のある暮らし

4062142740おサルの王国 地獄谷野猿公苑の四季
講談社 2007-11-09

by G-Tools

素晴らしい!

長野の地獄谷野猿公苑という場所にキュートな温泉ザルがいるらしい、
ネットでライブ映像も楽しめる、という耳寄り情報をGET。

しかも母から!(最近急速にデジタライズしている、柔軟な母!)

で、さっそくネットチェック、
すかさず書籍もチェック、チェック(笑)!

おサル好きを公言してやまないSHUですが、
これは素晴らしい本でした。

生粋の地元っ子著者(公苑勤務)が
四季を通してのおサルの日常と生態を追う。

子猿、母子、妊娠と出産、子育て。
兄弟遊び、上下関係、ボス、引退。

何より写真が美しく、かわいくてシュール、
全ページカラーで大きく、
それぞれひとことメモ程度の簡潔かつ十分な説明文が
日本語+英語で併記されています。
ちょっとした英語表現や植物動物などの英名も勉強になる!

表紙写真『スノーモンキーの母と子』は、
米国最高峰の『ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト』で
初応募、最優秀賞を獲得。

熱く語りました。
ちょーオススメです。




4391132842さしすせそ料理手帖
主婦と生活社 2006-06

by G-Tools

これも良い本でした。

三重県亀山市で自然食品店とカフェ『岡田屋本店 月の庭』を営む店主、
岡田佳織さんの著書。

『塩は必ず掌にとってから。』

手塩にかける料理の美味しさ、
足し算から引き算の料理へ。

主に塩、味噌、醤油を中心とした、
マクロビにも通ずるレシピいろいろ。

先日の夕食でもさっそく作って美味しかった。




4391130785知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし
主婦と生活社 2005-05

by G-Tools

軽妙かつ芯柱どどん、の暮らし世渡り、
おいさん魚柄仁之助氏の本は今回初読。

14で左目を失い、上京して古道具屋、
いまどき貴重な古い一軒家を自分好みに改造し、
野菜や魚を干したりダシひいたり豆煮たり、
旨いもんとことん工夫して無駄なく安く。

博多弁の軽い口調でぽんぽんと進む文章、
うおつか流哲学がてんこ盛りで
エコだのスローライフだの今更なんじゃそりゃー、みたいな。

たくましく生きていけそうで元気になる、
大変オモロイ本でした!
タグ: おサル


web拍手
posted by SHU at 23:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | 充電すること>本@

2010年01月28日

図書館のある暮らし

4309725678図説 東南アジアの食
河出書房新社 1997-09

by G-Tools


4381022629毎日季節を感じたい 今日から暦暮らし
山海堂 2007-04

by G-Tools


4094607129小雀物語 (小学館ライブラリー)
Clare Kipps
小学館 1994-11

by G-Tools


100122book.jpg京 花背 摘草料理
淡交社 1989-05

by G-Tools


今回はバラバラ。

年末のくそ忙しい(はずの)時期に、
気の向くまま選んでみました。

肉体的というよりむしろ、気持ち的にわさわさしていたので、
あと一冊借りた分厚い小説は結局読まぬまま返却。




小雀物語、最後、泣けました。
涙と鼻水でぼろぼろ。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本@

2009年12月25日

図書館のある暮らし

4763130048からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
ソレイユ出版 2000-10

by G-Tools

今回のイチオシ、はこの本。

体を中庸に保つことがどれだけ良いことか、そしてどれだけ微妙な匙加減なのか。

食べものの陰陽表があったり、
食材ごとの用い方、症状から逆引きできる食材の用い方など、
かなり実践的な内容でした。

誤解を恐れず大雑把に言うと穀物が中庸、
肉が極陽、白砂糖や薬や添加物やタバコは極陰。

日頃から陰陽の振り子の振り幅を小さく、いかに中庸に近づけておくかで
自然治癒力の発揮如何が問われるということなのですね。
玄米と根菜類を中心に摂っておくと、自ずから中庸に。
中庸バランスを取るからといって、
肉と白砂糖を食べていたのでは、振り幅が大きすぎて
やはりバランスを崩す、というのです。

いろいろとこの辺の本を読んでますが、
納得できる部分が多くあります。
地産地消とか一物全体とか。

ただ現実の生活パターンの中で、
忠実にこれを実行するのは煩悩と怠け癖多いこの身にはつらい。

日常的に玄米を炊くのが実質難しいなぁと思っていたら、
最近超近所に精米所ができて、
一分づきから無洗米まで7段階の好みで精米できるように。
説明書きによると一分づきにするだけで表面に適度な傷がつき、
吸水がよくなり白米とほとんど同じように炊けるというのです。

これは素晴らしい。

コイン式なのでいちいちお金がかかってしまうから、
実際には使わないと思うけど、
なるべく白米より5分でも7分でもいいから分づき米にして食べたいなぁ、と。
(一升瓶と棒で手動精米しようかなぁ。。)

とにもかくにもこのご本、機会あればぜひ買って手元で実用したいと思います。

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日 糸あそび布あそび (たくさんのふしぎ傑作集) f植物園の巣穴
その他はこんな感じ。

『ずぼらな〜』は何ヶ月も前から予約待ちしてやっと手元に。
いわゆる『冷え取り』の、
女の子による、女の子のための、実践的な方法や感想、実際、の様子が
イラストと文章で綴られています。
かなりかゆい所に手が届く的な本。
考えたら私はかなり足先ぽかぽかなので、万が一のときの知識として。
続編も予約待ち中。

『糸あそび〜』を読んでみて思ったこと。
織る、編む、よりも折る、結ぶ、の方が私は好きなんだ。
今後はそちら方面の本を借りてみよう。

『f植物園〜』は読め読め梨木香歩シリーズ4冊目。
読み終わっても一瞬、どこまでが現実でどこまでが想像なのか判断がつかない。
表紙絵が素敵。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | 充電すること>本@

2009年12月21日

図書館のある暮らし

4540091964農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵―野菜・山菜・果物を長く楽しむ
農文協
農山漁村文化協会 2009-06

by G-Tools

今回の大収穫はこの一冊!

月刊誌『現代農業』の特集をまとめたものだけど、
果物、野菜、山菜、肉魚など、
さまざまな保存の仕方と利用法が網羅されています。

この本のどこがいいかと言うと
プロとしての農家さんが利用できるような、
例えば大規模冷凍や土室で保存する場合の数値的なデータがあったり、
全国各地の農家の方の実践方法が名前入りで紹介してあって、
なんだかそれぞれに親近感を覚えてしまうのです。

例えば干し柿ひとつでもいくつかの地方の農家さんが出ていて、
それぞれのコツが伝授してあったり、
できあがった干し柿の利用方法も紹介してあったり。

これは機会あれば買ってしまうかも!!

発酵肥料のつくり方・使い方 食は東南アジアにあり (ちくま文庫) 私のシノワズリー―いま、こだわりの毎日の暮らし 家守綺譚
その他はこんなラインナップ。

『発酵肥料関連』はもう数冊目だけど、私自身の脳内でもちっと発酵と熟成が必要ぽい。

『食は東南アジア〜』は1984年の初版本がおすすめ!
巻末に日本語・英語・タイ語・ベトナム語など各国語による食材名一覧表が付いてます。(文庫や改訂版にはなし。)

『シノワズリー』は今の私には麗しすぎ。

『家守綺譚』は読め読め梨木香歩シリーズ3冊目。
このひとの本は『植物』と『独特の世界観』がキーワードなんだなぁ。


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@

2009年12月10日

酒の友

うかたま 2010年 01月号 [雑誌]
山の宴・海の宴・里の宴・街の宴。

酒がなくとも旨そなモンばかり。

塩納豆、牡蠣の生姜煮、やたら漬け、
極めつけはブルーチーズのあんこ和え。

端から全部試してみたいのぅ〜。


web拍手
posted by SHU at 23:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | 充電すること>本@

2009年11月21日

図書館のある暮らし

4635450139とうがらしマニアックス
とうがらしマニアックス編集部
山と溪谷社 2009-07-16

by G-Tools

世界一辛いのはハバネロだと思っていた私は時代遅れでした。
インド原産のブート・ジョロキアこそ世界一、なんだそうです。強そうな名前。

その他鷹の爪、プリッキーヌ、韓国唐辛子、ハラペーニョなど個別に解説。
いろんな唐辛子調味料の作り方やそれを使った料理レシピも。
辛いだけじゃなくもっと旨いんだぞー、
というところを楽しみたくなる本でした。

4540980440家庭でつくる生ごみ堆肥―よくある失敗防ぐポイント
農文協
農山漁村文化協会 1999-04

by G-Tools

堆肥とは、肥料とは。
好気発酵、嫌気発酵とは。

を考えるところから始まります。

家庭のベランダでも気軽に作れるような解説も載っているのですが、
かなり専門的な知識も多く、
これは片手間にふんふんふ〜んと読める内容ではありませんでした。

今回は心も体もこれに割くゆとりがなく、
また改めて借りてじっくり読みたい本です。

4092896107西の魔女が死んだ
小学館 1996-03

by G-Tools

前回読んだ『沼地のある森を抜けて』の梨木香歩さんの児童書。
映画化もされているというので(観てないけど)、
まずは興味の赴くままに読んでみました。

『沼地〜』とはまた『つくり』が全然違うけど、
細かい心理描写だとか、背景に見え隠れする世界観は何か共通するものを感じました。

しばらくこの人の本を読んでしまうだろうな。


web拍手
posted by SHU at 22:51 | 東京 ☀ | Comment(6) | 充電すること>本@

2009年11月20日

発売日買い

4063376796とりぱん 8 (ワイドKCモーニング)
講談社 2009-11-20

by G-Tools

仕事帰りに本屋へ寄ってもらいました。

あとからよくよく考えたら、
そのあと某フライドチキン買って帰ったんだった、という皮肉。
タグ:とりぱん


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 充電すること>本@