2015年03月06日

二十四節気-啓蟄-

つぐみん健在!
今日から『啓蟄(けいちつ)』

暦便覧によると
〜陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり〜



待ちに待った啓蟄。

これまでの数年分の記録を読み返してみて、
この時期が一番、年によっての違いが大きい気がする。
昨年は氷点下もあったようだけど、
今年は最低5℃程度、最高が7〜17℃あたりで推移。

上着が暑く感じる日も出てきたが、
明日の予報は2月上旬の寒さだとかで、まだまだ油断大敵。

とにかくミモザ。
そしてマンサクに山茱萸など、早春の黄色に彩られる季節。

道端の小さな花々が咲き始める時期。

フキノトウはすっかり咲いていて、
つくしが出始め。カンゾウもチェックしなきゃ。
摘み草が楽しい。

蝋梅は終わりで梅が盛り。
河津桜いよいよ。

定点観察の畑は放ったらかしのまま。

田んぼの水たまりにはカエルの卵。
川沿いを歩いたらものすごい数の小虫がまとわりついた。
生きものたちが漲る準備ができたのだ。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は春分(しゅんぶん)。
次の春分は3月21日です。

(2月19日)雨水→啓蟄→春分(3月21日)

2014年の啓蟄(3月6日)
2013年の啓蟄(3月5日)
2012年の啓蟄(3月5日)
2011年の啓蟄(3月6日)
2010年の啓蟄(3月6日)
2009年の啓蟄(3月5日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 18:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2015年02月19日

二十四節気-雨水-

150216sky.jpg
3日前に、これまでとははっきりと違う雲が広がって、
寒さの中にも確実に春がやって来ているのだと感じました。



今日から『雨水(うすい)』

暦便覧によると
〜陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり〜



この冬は 雪が少ないのかもしれない。

最低3℃/最高13℃
のような日中暖かい日もあれば、
氷点下から3〜4℃をウロウロしておしまい
という凍えるような日が混在している。

雨水のはじまりである今日は、
昨夜からのみぞれが冷たい雨に変わり、今もやみそうな気配はない。
(↑嘘。これは昨日間違えてUPしてしまった時の様子。きょうは朝から気持ちい晴天。)

梅は、咲いている木とそうでない木が極端。
黄色くてひらひらしたマンサクの花が満開。
ピンクの小粒、エリカの花。
ミモザが黄色く色づいてきた。

天気予報に花粉予報が伴うようになった。

つくしと蕗の薹は、まだまだのよう。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は啓蟄(けいちつ)。
次の啓蟄は3月6日です。

(2月4日)立春→雨水→啓蟄(3月6日)

2014年の雨水(2月19日)
2013年の雨水(2月18日)
2012年の雨水(2月19日)
2011年の雨水(2月19日)
2010年の雨水(2月19日)
2009年の雨水(2月18日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2015年02月04日

二十四節気-立春-

150203thrush2.jpg
つぐみものんびり・・・待ちに待った、立春です。



暦便覧によると
〜春の気立つを以って也〜

今までのところ、近辺の雪はさほどでもないけれど、
明日からは積雪の予報も。

蝋梅はすでに咲き揃っていて、
梅は遅い。
コブシやモクレンのもけもけの冬芽が膨らんでいる。
ふきのとうやらつくしやら、春の苦味が待ち遠しい。

畑のブロッコリーの残骸にヒヨドリが群がっている。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は雨水(うすい)。
次の雨水は2月19日です。

(1月20日)大寒
→立春→雨水(2月19日)

2014年の立春(2月4日)
2013年の立春(2月4日)
2012年の立春(2月4日)
2011年の立春(2月4日)
2010年の立春(2月4日)
2009年の立春(2月4日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 20:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | 綴りごと>二十四節気A

2015年01月20日

二十四節気-大寒-

150107white-eye2.jpg
背に腹は代えられぬ・・・宝の山から逃げぬメメジロー。



今日から『大寒(たいかん)』

暦便覧によると
〜冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也〜

**

気温の方はだいたい最低氷点前後、最高7℃前後、
暦の上では寒の底。

先週末(1月17・18日)のセンター試験も近辺では大きな積雪もなく済み、
昨年よりは暖かい冬のような気がする。

寒さで手指は凍えるのだけれど、
慣れてしまったのか、麻痺してしまっているのか、
ハッキンカイロは今冬いまだ出番なし。

蝋梅も、水仙もすっかり咲き揃い、
梅もすでに咲き始めている。

定点観察の畑はブロッコリの跡地。

冬鳥は昨年より多い印象。

* * * * * * * * * * *

そして次の二十四節気はいよいよ立春(りっしゅん)!!
今年の立春は2月4日です。(旧正月は2月19日)

(1月5日)小寒→大寒→立春(2月4日)

2014年の大寒(1月20日)
2013年の大寒(1月20日)
2012年の大寒(1月21日)
2011年の大寒(1月20日)
2010年の大寒(1月20日)
2009年の大寒(1月20日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | 綴りごと>二十四節気A

2015年01月06日

二十四節気-小寒-

150105wintersweet.jpg
蝋梅がもう咲いている。

この時期に咲き始める花がある、と言うことに
毎年新鮮な感動を禁じ得ない。

きょうから小寒

暦便覧によると
〜冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也〜

今冬は冬鳥が多い印象。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は大寒(たいかん)、
次の大寒は1月20日です。

(12月22日)冬至
→小寒→大寒(1月20日)

2014年の小寒(1月5日)
2013年の小寒(1月5日)
2012年の小寒(1月6日)
2011年の小寒(1月6日)
2010年の小寒(1月5日)
2009年の小寒(1月5日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年12月22日

二十四節気-冬至-

141223fuji.jpg
『冬至』

暦便覧によると
〜日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也〜



南瓜を食べ 柚子湯につかる。

空気は澄み、ダイヤモンド富士が出現する季節。
“一陽来復” 私の一番好きな日でもある。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は小寒(しょうかん)、
次の小寒は来年1月6日です。

ううむ年の瀬の実感ゼロ。

(12月7日)大雪
→冬至→小寒(1月6日)

2013年の冬至(12月22日)
2012年の冬至(12月21日)
2011年の冬至(12月22日)
2010年の冬至(12月22日)
2009年の冬至(12月22日)
2008年の冬至(12月21日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年12月07日

二十四節気-大雪-

141207frozen-leaves.jpg
氷の世界。

今日から『大雪(たいせつ)』

暦便覧によると
〜雪いよいよ降り重ねる折からなれば也〜

急に冷え込んで、朝は氷点下になるように。
最高5℃〜10℃前後、最低氷点前後。
乾燥も一気に進んで、手肌がぱっさぱさ。
日本海側などで大雪。

寒椿、皇帝ダリア。ヤツデの白いポンポン。
柿の熟した実。
紅葉と落ち葉。

早朝の川筋にはサギの群れ。
電線カワウはめっきり見かけなくなった。

定点観察の畑はブロッコリーがくたびれてきた。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は冬至(とうじ)、
今年の冬至は12月22日です。

(11月22日)小雪→大雪→冬至(12月22日)

2013年の大雪(12月7日)
2012年の大雪(12月7日)
2011年の大雪(12月7日)
2010年の大雪(12月7日)
2009年の大雪(12月7日)
2008年の大雪(12月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年11月22日

二十四節気-小雪-

141119flower.jpg
今日から『小雪(しょうせつ)』

暦便覧によると
〜冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也〜

朝は霜が降り、陽は短くなり、寒い寒い、堪えます。
最高15℃前後、最低5〜2℃あたり。

一気に手肌が乾燥して、ぴりぴりとほの痛い。
鍋が恋しい季節である。

皇帝ダリア。寒椿。エンジェルトランペット。
雑木林は紅、黄、褐色、常緑・・・
と彩りを増して美しい。
落ち葉も錦の美しさ。

定点観察中の畑はブロッコリーの収穫。

冬鳥はアオジ、つぐみん、モズ、ジョウビタキ、マガモにコガモ、オナガガモ。
サギ類の、群れて飛ぶ姿を、よく見かけるようになった。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は大雪(たいせつ)、
今年の大雪は12月7日です。

(11月7日)立冬→小雪→大雪(12月7日)

2013年の小雪(11月22日)
2012年の小雪(11月22日)
2011年の小雪(11厚23日)
2010年の小雪(11月22日)
2009年の小雪(11月22日)
2008年の小雪(11月22日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年11月07日

二十四節気-立冬-

141102bird1.jpg
スズメの学校。



パキッと晴れ渡った『立冬』の朝。
最高20℃前後、最低14〜10℃あたり・・・朝夕は冷えるけれど、昨年よりは少しあたたかい印象。

暦便覧によると
〜冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也〜

紅葉、黄葉、
落ち葉に銀杏拾い。

ツワブキ。野菊。

柿がすっかり熟して
花梨が黄色くなって落ちている。

マガモ、オナガガモ、ジョウビタキ、アオジ・・・
冬鳥来たる。

定点観察中の畑はカリフワワーが青々とした葉を展開中。

ベランダのコーヒーの木は背丈ほど。
室内に入れる。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は小雪(しょうせつ)、
今年の小雪は11月22日です。

(10月23日)霜降→立冬→小雪(11月22日)

2013年の立冬(11月7日)
2012年の立冬(11月7日)
2011年の立冬(11月8日)
2010年の立冬(11月7日)
2009年の立冬(11月7日)
2008年の立冬(11月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年10月23日

二十四節気-霜降-

141020flower.jpg
ホトケノザの花畑に、モンシロチョウ。

春?

春なのか??



今日から『霜降』

暦便覧によると
〜露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也〜

きゅうに冷え込んで、今日など11月の気候なんだそうだ。
最高が17℃ぐらい、最低が13℃ぐらい。

急に風邪が流行り出したそうで、
流行には甚だ疎いはずの我が身もなぜか鬼の攪乱。

ぐずぐずと紅葉もはっきりしなかった昨年に比べ、
今年は桜も、花水木も、くっきり深紅に染まっている。

山茶花の花。寒椿の蕾。
柿が灯をともしたように鈴なりに生っている。

定点観察中の畑はカリフラワーが大きく分厚い葉を広げている。

ベランダでは
ホトトギス、白雪姫、イヌタデが全盛。
山椒のアゲハ芋虫は終齢青虫×3頭が元気にモリモリと成長している。
グミの木にホシホウジャクが来訪していた。

今日から立冬までに吹く北風を木枯らしと呼ぶそうです。
木枯らし1号の発表はいつになることか。

風邪引いた人が周りに多い。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は立冬(りっとう)。
今年の立冬は11月7日です。

(10月8日)寒露→霜降→立冬(11月7日)

2013年の霜降(10月23日)
2012年の霜降(10月23日)
2011年の霜降(10月24日)
2010年の霜降(10月23日)
2009年の霜降(10月23日)
2008年の霜降(10月23日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | 綴りごと>二十四節気A

2014年10月08日

二十四節気-寒露-

141008sunset.jpg
レンブラント光線が美しい季節になりました。



今日から『寒露』

暦便覧によると
〜陰寒の気に合つて、露結び凝らんとすれば也〜

朝夕がぐっと肌寒くなり、15℃あたりの気温でも驚かなくなる。
最低15℃前後、最高20℃前半程度。
上陸台風が今年は多いそうで、先週18号が行ったと思えば
今週末には猛烈な19号が接近するという。

金木犀はまだ香りを保っている。
桜、ハナミズキの紅葉。
銀杏の匂い。
そろそろ落ち葉の季節に入りつつある。

コスモス、ケイトウ、ツリフネソウ。

新米。

観察中の畑は
カリフラワーの葉が大きくなって、台風18号で傾いた茎も、2日後にはすっかり元通り。

ベランダではホトトギスがどんどん咲いている。
白雪姫は朝一番にピンク色の花をポツポツとひとつずつ咲かせてくれる。

山椒には2齢のアゲハ芋虫が2頭。
スダチの葉裏に今更孵化寸前の卵が1つ。

手肌はまだ潤いを保っている。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は霜降(そうこう)。
今年の霜降は10月23日です。

(9月23日)秋分
→寒露→霜降(10月23日)

2013年の寒露(10月8日)
2012年の寒露(10月8日)
2011年の寒露(10月9日)
2010年の寒露(10月8日)
2009年の寒露(10月8日)
2008年の寒露(10月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年09月23日

二十四節気-秋分-

140921walk01.jpg
今日は『秋分』、実りの季節。

暦便覧によると
〜陰陽の中分なれば也〜



朝晩ずいぶん涼しくなりました。
最高気温は25℃前後、最低が17℃ぐらいが多い感じ。
20℃を切るとぐっと寒く感じますね。

今年は夏の台風が少なかったけれど、
今頃になって接近している、16号。

コスモス、チヂミザサ、センダングサ、ケイトウの花。
栗の実太り、柿が色付き始め。銀杏臭い。
ガマズミ、ゴンズイ、クサギ、ツリバナの実。

最近ヤマガラをよく見かけるようになった。
逆にヒヨの姿が遠くなった気がする。
田んぼは収穫間近。

定点観察の畑はカリフラワーが成長中。

ベランダでは・・・
白雪姫、イヌタデ、ハゼランが咲き始め。
いつの間にかイランイランも咲いている。
ホトトギスに蕾が出来始めた。

シャケさんもすっかり丸まっている。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は寒露(かんろ)、
今年の寒露は10月8日です。

(9月8日)白露→秋分→寒露(10月8日)

2013年の秋分(9月23日)
2012年の秋分(9月22日)
2011年の秋分(9月23日)
2010年の秋分(9月23日)
2009年の秋分(9月23日)
2008年の秋分(9月23日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年09月08日

二十四節気-白露-

140902flower.jpg
今日から『白露』。そして今宵は中秋の名月。

暦便覧によると
〜陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也〜

夏休みが終わるころ、8月とは思えないほど涼しくなって、
9月に入りまた少し暑さが戻った。
とはいえ、最低気温は20℃を切り、
最高気温も30℃に届くかどうか、夏も確実に失速している。

朝夕寝冷えに気を付けないとうっかり風邪を引きそうなほど。

少なくなったミンミンゼミが、けだるそうに鳴いている。
秋の虫が競い合うように鳴いている。

センニンソウ、ツルボ、ニラ、イヌタデ、ダンドボロギク。
盛りを過ぎつつあるギンモクセイ。
ヤマイモの花、ヤマボウシ、コムラサキの実色付く。
柿、栗、膨らむ。
ジョロウグモの所帯。
田んぼが金色に。

定点観察中の畑は、カリフラワーの苗(多分)定植。

ツバメは南へ帰ったか。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は秋分(しゅうぶん)。
今年の秋分は9月23日です。

(8月23日)処暑
→白露→秋分(9月23日)

2013年の白露(9月7日)
2012年の白露(9月7日)
2011年の白露(9月8日)
2010年の白露(9月8日)
2009年の白露(9月7日)
2008年の白露(9月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 19:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年08月23日

二十四節気-処暑-

140819walk04.jpg
稲に花。



今日から処暑(しょしょ)

暦便覧によると
〜陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也〜

140819walk03.jpg
青田に稲の穂が満ちる。

140819walk06.jpg
イナゴや

140819walk05.jpg
トンボのカップル

140819walk07.jpg
おたまじゃくしには足が生え始めている。

今年はまだまだ夏である。
最低気温は27℃!最高気温は30℃半ばの日が続いている。
入道雲とうろこ雲と、うっすらと綿を広げたような雲が同居していたりする。

昨年もそうだったが、
全国的に災害レベルの大雨が頻発している。

140819hasu.jpg
蓮の花も可憐。

140819walk08.jpg
カラスウリ、ムクゲ、サルスベリ、クサギ、ヤマイモの花。

それから
140819walk13.jpg
クコの花。

140819walk09.jpg
青柿。

140819walk10.jpg
オンブバッタには

140819walk11.jpg
色違いがいるようだ。

140819walk12.jpg
夏の緑に吸い込まれそうな闇色をした、黒アゲハ。

140819walk02.jpg
蝉はまだまだ盛んに鳴いているけれど

140819walk01.jpg
徐々に虫の音が勝るように思う。

140819walk14.jpg
いろいろな蝶が

140819walk15.jpg
蜜を求めるのに余念がない。

ツバメはまだ滞在している。

定点観察中の畑は整地されまま、
イネ科の雑草がところどころに伸びている。

ベランダの月桃、花は咲いたものの、結局今年も種はできなかった・・・

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は白露(はくろ)。
今年の白露は9月8日です。

ちなみに9月1日は台風襲来の特異日とされる二百十日(にひゃくとおか)。

(8月7日)立秋→処暑→白露(9月8日)

2013年の処暑(8月23日)
2012年の処暑(8月23日)
2011年の処暑(8月23日)
2010年の処暑(8月23日)
2009年の処暑(8月23日)
2008年の処暑(8月23日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年08月07日

二十四節気-立秋-

140807sky.jpg
暑さ厳しい中にも、秋を思わせる空模様。



今日は立秋(りっしゅう)

暦便覧によると
〜初めて秋の気立つがゆゑなれば也〜

連日連夜の猛暑つづき。
夜も暑い。27℃ぐらいまでしか下がらない。

とはいえそのおかげで、近年になく、土用干しには最高の日和がつづいた。

蝉は鳴き、ところによってはひどい水害。
歩みの遅い台風も、近付きつつある。

ヤマユリ、ヒマワリ、クサギ、ヒヨドリバナ、マツヨイグサ、
イヌゴマ、タマアジサイ。
サルスベリは当たり年のようで、競うように街路を飾っている。

ベランダでは月桃の花がすっかり終わり。
レモンバームに、シソ科の小さな白い花。

畑のトウモロコシが、あっという間に終わってしまった。

トンボ舞う。カマキリの若者。甲虫の仲間が増えてきた。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は処暑(しょしょ)。
今年の処暑は8月23日です。ちなみに9月1日が二百十日。

(7月23日)大暑
→立秋→処暑(8月23日)

2013年の立秋(8月7日)
2012年の立秋(8月7日)
2011年の立秋(8月8日)
2010年の立秋(8月7日)
2009年の立秋(8月7日)
2008年の立秋(8月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年07月23日

二十四節気-大暑-

140721cloud.jpg
今日から『大暑(たいしょ)』

暦便覧によると
〜暑気いたりつまりたるゆえんなればなり〜

きのう22日に梅雨明けが発表された、関東甲信越地方。
平年より1日遅く、昨年よりは16日遅いとのこと。
強い陽射しが照り付けて、土用干しには最高の天気がしばらくは続きそうだけど、
一気に猛暑が襲ってきた。

山百合、鬼百合、葛の花咲き始め。
百日紅が満開に。
コマツナギ、ヒヨドリバナ、オオバギボウシ。
楚々としたツユクサ、それに濃い橙色のヒメヒオウギズイセン。

蝉盛ん。ニイニイゼミと、アブラゼミ。

定点観察中の畑は、トウモロコシが収穫期。

ベランダでは月桃の花が盛りを過ぎつつある。
今年は2本の花穂が上がっていて嬉しい限り。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は立秋(りっしゅう)。
今年の立秋は8月7日です。

(7月7日)小暑→大暑→立秋(8月7日)

2013年の大暑(7月23日)
2012年の大暑(7月22日)
2011年の大暑(7月23日)
2010年の大暑(7月23日)
2009年の大暑(7月23日)
2008年の大暑(7月22日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年07月07日

二十四節気-小暑-

140707japanese-zelkova.jpg
湿気に包まれたケヤキの大樹。

きょうは七夕・・・そして小暑(しょうしょ)の始まりです。

暦便覧によると
〜大暑来れる前なればなり〜

去年はすでに梅雨明けの発表があったタイミング。
しかし今年の関東地方は未だ梅雨真っ只中の様相。
朝が20℃程度と涼しくて、寝冷えして風邪気味の人もちらほら。
最高気温も、晴れ間が出ない日は23℃程度とあまり暑くならない。

蓮の花、ネムノキ、青紫色のアガパンサス。
田んぼの畔にオレンジ色のカンゾウ、庭先にはノウゼンカズラ。
それからタケニグサ、オカトラノオ、コマツナギ、ハンゲショウ。
クチナシは終わりかけ。

トウモロコシ畑の直売小屋は6月29日に出現。

定点観察の畑はトウモロコシがすくすくと。

羽アリの旅立ち、今年は7月1日の朝。

ベランダでは
月桃の花穂が2本。
スダチの木にアゲハ芋虫がいくつか。
コスズメの蛹はもう半月も経つけれどウンともスンとも言わない。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は大暑(たいしょ)。
今年の大暑は7月23日です。

※雑節としては7月20日が夏の土用入り。
※今年の土用の丑は7月29日(火)。
※旧暦の七夕は8月2日。

(6月21日)夏至→小暑→大暑(7月23日)

2013年の小暑(7月7日)
2012年の小暑(7月7日)
2011年の小暑(7月7日)
2010年の小暑(7月7日)
2009年の小暑(7月7日)
2008年の小暑(7月7日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A

2014年06月21日

二十四節気-夏至-

140615walk15.jpg
あっという間に『夏至』

暦便覧では
〜陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり〜

暑さはこれからが本番だというのに、夏至を境に陽が短くなっていく、
というのがなかなか実感を伴わない。

梅雨の入り始めは極端に降ったけれど、
そのあとはあまりまとまった雨は降っていない。
温度もそんなにバカ暑くならない。朝方は涼しいほど。21〜29℃程度。

ネジバナ、オカトラノオ(写真)が咲き始め。
紫陽花の花盛り。
梅雨の指針となるはずのタチアオイが花を終えてしまった・・・。

ツバメの子育て。
青田のカルガモ。

定点観察の畑は、トウモロコシが背丈の高さで花を咲かせている。

ベランダではキキョウが次々に開花。
それからムラサキシキブ。セントポーリアの2番花。
山椒で育ったナミアゲハが羽化
野葡萄を丸坊主にして人差し指ほどに育ったコスズメ(蛾)は、土の上で蛹化するつもりだろうか。
スダチの実は1cmぐらいになったけれど、
そのスダチの葉で卵から孵って成長していたクロアゲハの幼虫2頭は、全滅の可能性(涙)。
今考えてみたら、実生山椒でのナミアゲハのそれに比べて成長も芳しくなかったし、
昨秋に苗木を購入した時点での、残留農薬の影響だったのかもしれない。。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は小暑(しょうしょ)。
今年の小暑は7月7日です。雑節としては7月2日が半夏生。

(6月6日)芒種→夏至→小暑(7月7日)

2013年の夏至(6月21日)
2012年の夏至(6月21日)
2011年の夏至(6月22日)
2010年の夏至(6月21日)
2009年の夏至(6月21日)
2008年の夏至(6月21日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | 綴りごと>二十四節気A

2014年06月06日

二十四節気-芒種-

140603swallow.jpg
出来立ての新居にて。 丈夫な子が、育ちますように!



今日から『芒種(ぼうしゅ)』

暦便覧によると
〜芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり〜

きのう梅雨入りした東京。
昨年(5/29)よりは1週間ほど遅いけれど、平年よりは3日早いそうです。
ほんの数日前までは梅雨のつの字もなく、
まるで夏のような暑さが続いていたのですが、
スイッチが入ったように雨が降り始めました。

一日通して20℃程度。
朝は肌寒く感じるほどです。

田植え、カルガモ、麦畑。
紫陽花とホタルブクロが咲き始め。
マテバシイや栗の花が、独特の匂いを放っています。
桑の実が熟す。
今年は特にドクダミが元気なような気がする。

鳥たちの子育てと巣立ちのシーズン。
芋虫は蛹〜羽化ラッシュ。

青果店ではらっきょうと新生姜。
梅はいまだ。

定点観察の畑は、トウモロコシが絶賛成長中。

梅雨入りしたばかりというのに、
タチアオイはずいぶん上まで咲き進んでいる。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は夏至(げし)。
今年の夏至は6月21日です。

(5月21日)小満→芒種→夏至(6月21日)

2013年の芒種(6月5日)
2012年の芒種(6月5日)
2011年の芒種(6月6日)
2010年の芒種(6月6日)
2009年の芒種(6月5日)
2008年の芒種(6月5日)

気まぐれに綴った二十四節気の記録は、丸6年。
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 21:00 | 東京 ☔ | Comment(2) | 綴りごと>二十四節気A

2014年05月21日

二十四節気-小満-

140518weeds.jpg
かわいいかわいい、ど根性植物たち。



今日から『小満(しょうまん)』

暦便覧によると
〜万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る〜



夏日の毎日。
タチアオイは下から5段目ぐらいまで咲き上がってきている(一番花は5月17日)のに、
梅雨入りはもう少し先のようです。

虫や鳥たちが活発。
猫たちは昼寝に忙しい。

ドクダミ、ヤマボウシ、ハコネウツギの咲き始め。
草花は去年より早い推移だろうか。
チガヤ、クサフジ、モモイロヒルザキツキミソウなどすでに終わりかけ。
金麦。

田植えはいまだ。

定点観察中の畑はトウモロコシの苗が日毎に逞しく太っている。

ベランダでは実生山椒の木に、アゲハの1齢幼虫。
カマキリはまだ見ない。

* * * * * * * * * * *

次の二十四節気は芒種(ぼうしゅ)。
今年の芒種は6月6日です。

(5月5日)立夏→小満→芒種(6月6日)

2013年の小満(5月21日)
2012年の小満(5月21日)
2011年の小満(5月21日)
2010年の小満(5月21日)
2009年の小満(5月21日)
タグ:二十四節気


web拍手
posted by SHU at 23:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | 綴りごと>二十四節気A