2014年04月24日

ゴエモン

ナニミテンダヨッ






てくてく三鷹駅から風の道〜三鷹の森・ジブリ美術館へ〜(2014年4月23日)




web拍手

2014年04月22日

花衣

140421ladybug-larva.jpg
隠れたつもり?



咲き始めたモモイロヒルザキツキミソウの、カラフルな蕾に
花粉を纏って待機中のテントウムシの幼虫君。



ちょうど3年前に会った子は、裸ん坊だったなぁ。

モモイロヒルザキツキミソウの咲き始め(2011年4月22日)


web拍手

2014年04月18日

舞台裏

140321zoo1.jpg
クジャクの・・・・・
















140321zoo2.jpg
ウラ側。






タグ:タマズー


web拍手

2014年04月15日

ナンダヨー

ナンダヨー
って顔の、白影君。





かわいい、可愛い♪


web拍手

2014年04月07日

やえむぐら

140407cat1.jpg
猫はいつでも一等地。







web拍手

2014年04月06日

春のもけもけアイドル〜ビロードツリアブ〜

140406bombylius-major1.jpg
スミレ咲く散歩道で見つけた、春のもけもけアイドル。
それはビロードツリアブ!

もうあんまり可愛いから、お散歩記事とは別でUPしちゃう。

待ちに待った春、
きょうは谷戸のあちらこちらで5頭も見かけました(嬉)。
この子は両目がくっついてるからオス。

140406bombylius-major2.jpg
葉っぱの上で丹念に口吻を手入れしていたのは、
両目が離れているから、メス。

しばらく見てたらなんと、
口吻が伸びるストローみたいに伸びた!!

140406bombylius-major3.jpg
あ〜可愛いな〜。
こんなにかわいいのに(?)虻の仲間。
虻が可愛くないとは言わないけど。
そしてこんなにかわいいのに、
ヒメハナバチ科の幼虫に寄生して繁殖するらしい。

140406bombylius-major4.jpg
影までかわいい。
岡山でしか見つかってないという、トラツリアブも見てみたいなぁ・・・

140406bombylius-major5.jpg
見て見て!影。真ん丸でかわいいっ。





→NEVERまとめ『まるでぬいぐるみ!?謎の生物「トラツリアブ」が可愛すぎてつらい』


web拍手

2014年03月28日

春分の日のタマズー、昆虫生態園編

140321tamazoo.i01.jpg
青のチラリズム。

ツマムラサキマダラはポップなモノトーンを基調とした蝶で、
ちらちらと翅表に覗く青もハッとするほど魅力的です。
(この子は♀なので、下着でお洒落と言ったところか。)

というわけで、春分の日のタマズー、昆虫生態園編へようこそ。



この生態園、メインの温室へ至る廊下沿いに様々な展示があるのですが
その中でもひときわ目立つのが
140321tamazoo.i02.jpg
この金ピカの蛹たち。

国内最大の蝶、オオゴマダラの蛹なのですが・・・
すごいですねぇ・・・左が蛹、右は抜け殻、そして
なんと中央は翅の模様が黒々と浮かび上がった、羽化直前の蛹です!

羽化直前って言ってもそうすぐには羽化の瞬間なんて来ないだろうし
1分後なのか10分後なのかはたまた半日後なのか・・・

と考えて廊下の先のリュウキュウアサギマダラちゃんの産卵シーンに夢中になって、
15分ほどしてから念のために戻ってみたら・・・・・

140321tamazoo.i03.jpg
羽化しとるしっ(笑)!!!

140321tamazoo.i04.jpg
いや〜ん逃した。何という神秘の瞬間を逃してしまったのだろうか。
ともあれ新しい世界へようこそ。

このタイミングを体に刻んで、いつか羽化のシーンに出会いたいものです。



さて。

廊下を進んだら蝶温室へ入りましょう。
140321tamazoo.i05.jpg
とにかく広い。ヒトが小さく見えるほど。
ホントは蝶もいっぱい飛んでいるのに、写真では写らないほど広い。

常夏の館内には珍しい蝶がいっぱい。
140321tamazoo.i06.jpg
大きな目玉模様の、タテハモドキに

140321tamazoo.i07.jpg
真紅がスタイリッシュなジャコウアゲハ。

140321tamazoo.i08.jpg
ツマベニチョウのオレンジ色もきれいだわ〜♪

140321tamazoo.i10.jpg
葉陰のイシガケチョウに

140321tamazoo.i11.jpg
モンシロチョウぐらいの大きさで、せわしなく飛ぶ、タイワンキチョウ。

140321tamazoo.i09.jpg
こちらは手のひらほどもある大きさ、ひら〜りひらりと悠々と飛ぶのは
先ほどの金ピカ蛹の成虫、オオゴマダラ。

140321tamazoo.i12.jpg
あっ、交尾している!

140321tamazoo.i13.jpg
通路の目の前、人もたくさん通るのに(そして誰も気付かない)、
ずいぶん長いことくっついたままでした。

140321tamazoo.i14.jpg
あっ、こちらはツマムラサキマダラのカップル。
下翅に白い線状の紋が見えるのが、♀なんだそうです。

140321tamazoo.i15.jpg
というわけで、別の♀の産卵シーン。

140321tamazoo.i16.jpg
こちらはヒマという植物に産卵する、カバタテハ。
この蝶は葉表に産卵するんだなァ。

140321tamazoo.i17.jpg
蝶の館ですが、バッタもいますよ。

140321tamazoo.i18.jpg
子どもたち。

140321tamazoo.i19.jpg
出会い?

140321tamazoo.i20.jpg
タテハモドキはこういった看板が大好きなようで、あちこちの板に飾りのように貼り付いてました。



後から撮影データを見たら、
あれから結局1時間も温室に入っていたことになりますか。

140321tamazoo.i21.jpg
廊下の展示室で羽化していたオオゴマダラは翅もすっかり伸びて
美しい蝶に変身していました。

君も明日にはきっと、
温室デビューだね。

また会いに行くよ!



撮影はすべて2014年3月21日多摩動物公園にて
→この日の散歩『てくてく春分散歩(2014年3月21日)』
タグ:タマズー


web拍手

2014年03月27日

カンガルーの赤ちゃん

140321kangaroo3.jpg
日曜日のお父さん状態が楽しくて、
ついつい長居してしまうカンガルーの園。

最初はグータラ寝ながらぼりぼりとお腹をかくオスカンガルーを眺めていたのですが、
そういえばカンガルーって有袋類だし、
お母さんカンガルーのお腹の袋ってどうなってるんだろ?
と、ジロジロ見渡していたら・・・

140321kangaroo4.jpg
グレイッシュな毛色のカンガルーさんのお腹から、
なにやら異なモノが生えているのを発見。

おっ!コレは!?

としばらく眺めていたら・・・
140321kangaroo5.jpg
きゃっ♪

140321kangaroo.jpg
まぁっ、あんよの練習かしら♪♪

140321kangaroo2.jpg
相撲の練習でした(嘘)。

140321kangaroo6.jpg
早く入んなさい、と促すお母さんカンガルー。
この後3回ほどこけつまろびつしながら、無事、袋の中に収まりました。

それにしてもお母さんカンガルーの袋と袋の口部分の伸縮ぶりにびっくり。
丈夫に育つんだよ♪



オマケ)アカカンガルーの子育て(説明板)
140321kangaroo7.jpg




撮影はすべて2014年3月21日多摩動物公園にて

→この日の散歩『てくてく春分散歩(2014年3月21日)』
タグ:タマズー


web拍手

2014年03月26日

待ち伏せ


白影が歩いてくるのが見えたので、

!
先回りして

行くべきか行かざるべきか・・・
待ち伏せしてみた。ムフ♪

面舵いっぱーい!
サクッとカワされた。・・・し・・・白影ぇ〜ん。

パトロールの邪魔なんだよな
こんな顔された(涙)。




パトロールの邪魔してスミマッシェン・・・うぅ。



web拍手

2014年03月24日

ぽかぽか

ほげる白影
猫たちの周りにも緑があふれ出してきました。







web拍手

2014年03月23日

休日の朝

140323shadow.jpg
朝6時半。

自然と目が覚めて、静かな居間のカーテンを引く。

普段はバタバタしているので
こんなに柔らかい光が差し込んでいるのに気付かなかった。




140323bird.jpg
7時半。

ベランダの手すりにヒヨちゃんがとまった。
薄いカーテン越しなのでボケている。

そうか君はこうやって毎日来てるんだね(嬉)。


web拍手

2014年03月22日

猫のしごと

白影とくろべえ
陽だまりでほげるのも、重要なしごとです。







web拍手

やぁ♪

140321monkeys.jpg
いいお顔♪







web拍手

2014年03月17日

新顔〜碧眼グレイッシュあにき〜

140317cat.jpg
見事な碧眼。
オス特有のふてぶてしい輪郭。

そうだな、“碧眼グレイッシュあにき”
とでもしておくか。




この界隈で初めて見かけたけど
モテるぞこりゃ。




白影、おちおちしてられへんよ〜!


web拍手

2014年03月11日

朝猫

140311cat.jpg
まぶしい朝。 おひさしぶりの、ハチワレちゃん。







前回のハチワレちゃん
ほっこりにゃんず(2013年2月20日)


web拍手

2014年03月10日

お手手にマフラー

140307cat.jpg
きょうは風が強くて寒かったよね、白影君。







web拍手

2014年03月09日

窓の向こう

140309birds&cat.jpg
きょうの散歩道で。






てくてく春の便りと谷戸めぐり(2014年3月9日)


web拍手

2014年02月27日

アップでもう一度

140226walk07.jpg
カイツブリのかわいさったら、もう。


海老反りして憤死しそうなほど(笑)、萌えまくりでした。





きのうの石神井公園にて。


web拍手

2014年02月23日

てくてくタマズーで日暮れまで

シロテテナガザルのテテ君でーす
散歩の最初にほんのちょっと寄り道。

・・・のつもりが。

林縁を辿るアジアゾーンでは、ついつい樹皮や柵に冬の虫を探し求め、
樹間に飛び交うルリビタキやエナガに目がハート。
オーストラリアゾーンではオーストラリアガマグチヨタカとフクロモモンガに悶絶。
それからウォークイン・バードゲージとカモ池。
我が物顔でゲージの内外を行き来するスズメやムクドリ、カワラヒワの豪胆さ。
そうか普段の散歩でスズメが少ない思ったらこういうことだったのか・・・?
カラスはトラのごはんを横取りしてたな・・・。 (それにしても園内はハシブトガラスが多め。)
最後に寄った昆虫館では夕陽に透けて虹色に輝くオオゴマダラに感動。



あっという間に時間切れでした。



恐るべし、タマズー・・・・・また来てみよう。



10時半出発、7h弱、正味8km。900枚撮影。
雲間の晴れ。
2にゃんこ。
スズメ、ハト(キジ、ド)、カラス(ボソ、ブト)、ヒヨ、ムク、シジュウカラ、
メジロ、エナガ、ヤマガラ、ジョウビタキ♀、ルリビタキ♀、コゲラ、アオゲラ、
セキレイ、カモ類(カルガモ、オナガ)、アオサギ。




オマケ)もちろん
140223cat1.jpg
ご近所伺いも

140223cat2.jpg
忘れませぬ(嬉)。


web拍手

2014年02月18日

プチてく雪の河川敷

140218birds.jpg
地べたが得意なジベタリアン。 ハシボソガラスとツグミのつぐみんです。

最近やっとあちこちでつぐみんを見かけるようになったな(嬉)。




140218bird-tracks.jpg
つぐみん・・・・・・・こんなトコロに食べものあるの?



15時半出発、1h、3.5km。
晴れ。残雪の暮れ時。
公園のカシ林に越冬成虫らしきアカタテハ?が1頭、せわしなく飛んでいた。
ツグミが多かった。
2にゃんこ。
スズメ、カラス(ボソ)、ヒヨ、ムク、ツグミ、シロハラ、アオジ、
セキレイ、カモ類(カルガモ、マガモ)、アオサギ、カワウ。
タグ:お散歩


web拍手
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。