2012年09月15日

マッシュルームも干してみる

120915mushroom.jpg
半割りにして 断面が上を向くようにすると、うまく乾くような気がしています。

120915shake.jpg
シャケさんも乾かしてるの?






タグ:シャケ


web拍手

2012年09月11日

ベランダで干し椎茸

120911shake.jpg
いいお天気のおかげで、カラリと干し上がりました。





タグ:シャケ


web拍手

2012年08月03日

晴れ間はどこへ

120803dried-shiitake.jpg
黒川の直売所へ行くといつも買い込んでしまう、地場産のきのこ類。(椎茸とか舞茸とか)

買ってすぐに使いきれない分は
だいたいこうやってスライス干し椎茸にして保存しておいて、
汁の実やら雑炊やらパスタやら、
何にでも突っ込みます。



なのに干し始めた途端に曇りやら雨やら、
どーゆーことー。。






まだ梅の土用干しもできずにいるのにー!!
タグ:時節


web拍手

2011年12月23日

いか下足の塩麹漬け

111223ika-salted-koji1.jpg
いか人参で余った下足(70g)は・・・

111223ika-salted-koji2.jpg
適当にカットして、

111223ika-salted-koji3.jpg
1割(7g)の塩麹を加えてしばらく置いてみまーす。



きっとウマイゾ。


web拍手

2011年01月23日

紅芯大根の切干し

110122vegetables.jpg
りんごジャムの色付け用にと思って買ってきた紅芯大根。
(黒川にて70円、ちなみに左側は安納黄金ミックス100円)

110123koushin-daikon1.jpg
切ってみたら予想以上に紫色だったので

110123koushin-daikon2.jpg
急遽切干しに変更。


web拍手

イカ下足の塩麹漬け

110123ika-ninjin05.jpg
1回目2回目の“いか人参”で使わなかった下足、

110123ika-ninjin06.jpg
せっかくなのでカットして、

110123ika-salted-koji1.jpg
塩麹漬けにしてみることに。

材料は
・いか下足:4枚分(適当にカット。いか人参より太めにしてみました。)
・日本酒:150cc
・みりん:大1(酒と一緒に煮切って冷ましておく)
塩麹:大2

すべての材料を合わせて
110123ika-salted-koji2.jpg
空気を抜いて冷蔵庫で数日寝かせて完成です。

どんな味になるのかな楽しみ。



参考レシピは
麹のレシピ―からだに「いいこと」たくさん


web拍手

2011年01月12日

大根もたった2日でこのとおり

110112dried-vegetable.jpg
けっこう立派な青首大根1/2本分、
5〜6cm×2〜3mm角の棒切り(=テキトー)にして。

直径60cmほどの平ザルに広げていっぱいだったのが、
最近の乾燥+寒風のせいか丸2日ですっかりこの状態。(朝1度ずつ天地返し)



さっと戻してちりめんじゃことカブ葉あたりで炒め合わせとか、
去年作って大好きになった『切り干し大根のパリパリ漬け』とか。



先日衝動買いしてしまったムック本、
乾物パワー―代謝も免疫力もアップ! (saita mook)
乾物の基本的な扱い方とついつい試してみたくなる簡単レシピ。
カンタンなゆえに応用もきかせやすそう。

あれもこれも全部満載!とまではいかないけれど、
要点とアイデアをコンパクトにまとめたような、
乾物の使いみちに困っている人には良いヒント本になると思うなぁ。


web拍手

2011年01月09日

夜からでも。自家製スライス干し椎茸

110109shiitake.jpg
なかなか晴れた昼間に出せなくて、結局夜から出し始め。

・昼間は陽が当たる
・夜はなめくじが上がって来ない

を兼ね備える場所に2日半。

日に1〜2度、まんべんなくひっくり返す。
ザルにくっついたものもはがす。

最近の乾燥した気候も手伝ってからりと仕上がりました。


web拍手

2010年12月24日

請け負い干し柿・完成

101224dried-persimmon2.jpg
いい感じで粉も吹いてきたので、タイミング的にクリスマスプレゼント〜、と
言いながら依頼人にお渡し。

全部渡しちゃったから、味は分からないけど、
めっぽう喜んでくださったようなのでサンタさんとしてはヨシとするか。

以上、請け負い干し柿、無事完了!



詳細は『自家製干し柿2010・干し柿請け負い人』に追記。


web拍手

2010年12月14日

干し柿3種

101214dried-persimmon3.jpg
左から
10日目の自家製干し柿
24日目の請け負い干し柿
岩波農園のあんぽ柿

やっぱりさすがはプロ仕込み。
柔らかくっておいしそう。


web拍手

2010年12月09日

自家製干し柿2010・干し柿請け負い人〜稲藁サンド〜

101209dried-persimmon1.jpg
19日目の請け負い干し柿。今日から稲藁サンドに。



詳細は『自家製干し柿2010・干し柿請け負い人』に追記。


web拍手

2010年12月05日

自家製干し柿2010(2)・いただきものの庭生り柿で

101205persimmon1.jpg
先日いただいたあの柿、今度はごっそりいただきました。

まだ硬いもの120個+柔らかくなっているもの24個=計144個。

101205persimmon2.jpg
さっそく硬いものを優先して

101205dried-persimmon1.jpg
75個、吊るしました。いちばん手前は先日の請け負い分(15日目)。
紐いっぱいで、もう吊るせません。というか疲れた。(ここまで2時間強)

あとは
101205persimmon3.jpg
干し柿にはもう柔らかすぎのものも含め、65個を柿酢用に追熟モードに。
信州のりんごを同居させ、発泡スチロールの箱で密封状態にして。



とかやっているところに、
101205apple.jpg
秋田のりんごがどっさり届きました。2段分。
おいしいんですよね、ほんと。また楽しみが増えました。



101205shake1.jpg
シャケ『よくやるねぇ・・・』

* * * * * * * * * * *

12月14日(10日目)
101214dried-persimmon1.jpg
表面が乾き、ひと回り小さくなりました。

101214dried-persimmon2.jpg
初日との重量比50.9%。
昨日のしとしと雨でどうなるかと思ったけど、いい経過。

軽く手もみ。数日前に一度やったので、今日で2回目。

* * * * * * * * * * *

2011年1月3日(30日目)
110103dried-persimmon1.jpg
年越しも吊り下げたまま放りっぱなし、
気が向いたときに2、3回手もみしただけでした。

表面がうっすら白く粉吹いてきたので、
きょうから稲藁サンド。

110103dried-persimmon2.jpg
初日との重量比、28.2%。


web拍手

2010年11月21日

自家製干し柿2010・干し柿請け負い人

101121persimmon1.jpg
大きい柿(山梨・渋柿・品種不明)、20個。

干し柿大好きなご近所さんがもいできたんだそうです。

去年、自家製干し柿を差し上げたとき殊の外喜んでくれて、
今年はぜひこれで作ってほしいということで、請け負いました。



続きを読む
タグ:干し柿


web拍手

2010年11月03日

自家製干し柿2010・ちょっと甘柿

101103persimmon.jpg
いただきものの庭生りの柿、甘柿でした。

101103dried-persimmon1.jpg
いちおう干してみました。3個分。

101103dried-persimmon2.jpg
スライスも1個分。
皮もたくあん用に干しておきます。

* * * * * * * * * * *

11月4日(2日目):
101104dried-persimmon.jpg
きのうは一日良い天気だったので、いい具合に乾燥しました。

スライスの端っこをひとつ食べてみたけど、

んーーーー、しゃきしゃきと歯ごたえもよく、
甘くて(甘柿だが)しっとり、おいしい食感でした。

これは吊るした柿の方も干し上がりが楽しみ。

* * * * * * * * * * *

11月13日(11日目):
101113persimmon.jpg
数日前に一度もみもみ。

あんぽ柿ぐらいのやわらかい状態で今回は早めに取り込み。
ひとつ食べてみたけど、
スライスと同じく表面はシャキシャキ、
中身は熟柿のような柔らかさ。

干し柿には普通渋柿が使われる。
糖度は甘柿より渋柿の方が断然高いそうで、
渋柿の渋を抜く(干し柿にするなど)作業によってその甘みが際立つ。

そういう意味では
元々甘柿だったこの柿は甘みもそこそこ。

薀蓄はともかく、
ちょこっとつまめる甘いものがあるって、
自己満足度高い。
タグ:干し柿


web拍手

2010年07月19日

エホバクを使ってみた

100719ehobak1.jpg
野菜室で半月も寝かせっぱなしだったエホバク。
(ehobak=韓国カボチャ。エは幼果、ホバッはカボチャの意。この品種名はマッチャン)

きょうこそは、と言うことで

100719ehobak2.jpg
スライスして干しエホバク。

100719ehobak3.jpg
カンカン照りのおかげで5時間ほどでカサカサに干し上がり。
とりあえず袋に入れて保存。

ナムルやジョン、煮物や汁の実にもよさそうです。



干し網に乗り切らなかった分は
100719ehobak-namul.jpg
生のまま塩揉みして塩ダレ絡めてナムルに。

韓国食材で干しズッキーニというのがあるのだけど、
どうやらこのカボチャの幼果のことらしい。

まさしくズッキーニに似た食感と味で、おいしい!


web拍手

2010年05月30日

スライスしいたけ

100527shiitake.jpg
スライスしてから干すのが定番になりそう。




我が家は今のところ丸ごとの煮物は少ないし、
圧倒的にスライスの方が使いやすいことに気付く。

スープにはそのままパラパラと。

他に使う場合でもすぐに戻せるし、とっても重宝。


web拍手

2010年04月29日

干しひじき

100428dried-hijiki1.jpg
佐島の生ひじき、太くて長い茎部分は煮物にして、
残った細かい部分だけを5日間ほど、ベランダで干しておきました。

あまりに細かいので、
ザルの上にオーブンペーパーを敷いてその上に。

べたべたと腐ってきたら嫌だなぁと思ったけど、
朝、夕、と日当たりと風通しの良い場所に移動しながら2日置いたら、
端から黒く乾燥してきたので、ほぐしながらまた乾燥。(ほったらかし、とも言う。)

どうなるかと思ったけど、
びっくりするほど売り物と同じ仕上がりに(嬉)。

これなら茎部分もきっと『売り物』になるに違いなし。

100428dried-hijiki2.jpg
今回の『当たり』は2mmほどのプチ巻貝。




100429hijiki-rice.jpg
さっそく干しあがったひじきでひじきご飯。

5分搗き玄米4合に、軽くふたつかみほどの干しひじき。
4合分の水加減に、ひじきを加えて炊くだけ。味付けもなし。

炊き上がったひじき飯は、
ほんのりと色付いた米に磯の香り。

キッコーゴの醤油をほんのひとたらしで、止まらない旨飯に。




参考レシピは
4777151190うおつか家の台所実用ノート 眼からウロコ!“ひと月9000円”の快適食生活 (ゴマ文庫)
ゴマブックス 2009-03-31

by G-Tools
タグ:


web拍手

2010年02月05日

切り干し大根3種

100205dry-vegetables1.jpg
切り干し大根3種、8日間で完成。

奥が皮の千切り、
右が三浦大根の棒切り(6〜7mm角程度)
手前が紅芯大根と皮付き人参。

紅芯と人参のなんか、
夕飯に出した野菜スティックの残りの『しなびたの』を
翌朝からベランダに放り出しておいたという、
なんともズボラな干し野菜。

100130dry-vegetables1.jpg
これが1月30日、干し2日目。

100202dry-vegetables1.jpg
2月2日、干し5日目。


web拍手

2009年12月31日

干し柿3姉妹

091231dried-persimmon1.jpg
左から、
・初実験の『干し甘柿』
・自家製『干し柿』
・実家から送ってくれた『母の干し柿』

091231dried-persimmon2.jpg
お茶のお供に食べてみました。

干し柿は普通渋柿で作るもの、と思っていた
(渋柿の豊富なタンニンが甘みに変化するらしい)ので、
甘柿を干すとどういう味になるのか不安だったのですが。。

ちゃんと甘くて、
柔らかくて、
食べやすい干し柿でした!
しかも色良い。

でも食べ比べて見ると
渋柿製の方が甘みが深い。滋味深い、というか。

甘柿製がクッキーの甘さだとすると、
渋柿製が羊羹の甘さ。

甘柿の方には白い粉はふいてこないようですが、
今日、藁の中に入れました。その後どうなるだろうか。

母のは渋柿製だと思うけど、
一番軽やかな味わいで、
これはこれで美味しかった。

ひとくちに干し柿と言っても
ほんとうに見た目も味も違うんだな〜と実感。
タグ:干し柿


web拍手

2009年12月06日

自家製干し柿・26日目〜完成〜

091206dried-persimmon.jpg
稲藁サンドで丸10日。

いい感じに白い粉がふきました(嬉)。
重量比は24.1%。(去年は21.5%で仕上げた。)

去年立てた目標、
・もっとやわらかく
・色美しく
・しかも白い粉びっしり。
にはあまり到達できなかったけど、
ほんの少し柔らかめにできたかな。

あとは柚子ピール作って今年も柚子巻き柿つくるどー!!




この内容は『自家製干し柿2009』にも追記。
タグ:干し柿


web拍手